毒親は否定と強制で子供の人生を潰す

毒親は否定と強制で子供の人生を潰す

シェアする

親の幸せが子供の幸せ

毒親は自分の気持ちしか認識することができず、子供に気持ちがあるとは考えません。子供を一人の人間だと考えることができず、まさか子供が自分と違うことを考えたり、感じたりしているとは思いません。親の幸せが子供の幸せだと本気で信じて疑わず、親の考えを子供にも強制します。

そして、子供が意思を持つことはコントロールする親にとって都合が悪いことなので認めません。子供の意思は、「(私が思っていることと違うから)そんなのは駄目だ」と一蹴します。

毒親も子供に幸せで居てほしいと願うことは真実です。しかしそれは幸せの在り方を厳格に定め、そこから外れることを許しません。幸せの在り方は、例えば進学や就職、日常の過ごし方など、親が幸せだと定めたものに合わせるのです。それはそこから外れると不幸だと毒親は思っているからです。

一歩も歩み寄らなかった母親

自立の芽は摘み取る親

私は高校生の時にオシャレに目覚め、将来は美容師になることを夢見ました。勉強をして大学に行くことは興味がありませんでした。しかし、そのことを母に告げたところ、

「そんなものは誰でもなれる職業だ。あんたは何のために高校に行ってると思ってる?勉強していい職業につかないと後悔するぞ。」と呆れた様子で職業蔑視まで含んだ発言をしてきました。

結構真剣に考えていたのですが、これだけで私は撃退されてしまいました。しかし諭すにしてももっと言い方があると思います。私は納得いきませんでした。ただ馬鹿にされたようにしか感じなかったからです。

親の価値観

私は幼稚園の頃から東大、京大に入るよう言われてきました。小学2年生の文集の将来の夢に「いがくぶ(医学部)になりたい」と書いていました。入りたいでなく、なりたい、です。親から言われて意味もわからずに書いたのが丸わかりです。

ちなみに私がその少し前に憧れていたのは車関係の仕事でした。後日文集のこの部分は授業参観の日に先生に読み上げられました。そのとき母がとても恥ずかしそうにしていたのを覚えています。

そして小学生から塾に通わせ、私立中学に入学。親の計画としては大学を卒業した後は医者や弁護士になることを考えていたでしょう。その流れの中で、美容師になるなどとは言語道断と思ったのでしょう。

今から考えても自立のハードルは高い

私がどのくらいのことをすれば美容師への道を歩めたか、当時の私になって考えてみます。まず高校は自主退学でしょう。そして親に夢を応援してもらうのは無理としか思えないので、縁を切るつもりで100万円ほど借りるかもらうかして一人暮らしして、働きながら美容学校に入る。

これくらいのことは必要だったと思います。

しかし、世間知らずの箱入り息子だった私にはそんな行動力も生活力もありませんでした。生い立ちや環境は勿論ですが、私本人の精神力の面でも自立は難しい状況だったと思います。

この出来事などによって夢は冷めていき、しかし将来したいことが見つかるわけもなく、
いや、もはや探す意思もなく時は流れていきました。

全てが過去のことになったとき、さり気なく蒸し返す親

大学生に入り、ただ何となく時は流れていき、就職活動はうまくいきませんでした。中小零細にすら採用されませんでした。それもそのはず、当時の私は無気力の塊で、もはや何のために生きているのかもわからない状態でした。

そのことを母に打ち明けたところ、「あんた昔美容師になりたいと言ってたじゃない。今からなればいいんじゃないの?」などと言ってきました。過去に人の考えを踏み潰しておいて今さら何を言う、と思いました。

そのときの私は当時の輝いていたときの私とは違う、母はそのことをわかっていて、もう美容師にはなれるはずがないことを知った上で言ったのではないかと思うのです。

本当に害悪な人間。もはやアドバイスにも気遣いにもなっていない。人の人生が空振りしようがなんだろうが構わない。親が定めた道を進むかどうかだけが関心ごとで、その他は徹底してどうでもいい。それが伺えます。

その後も頓珍漢なアドバイスをたくさん受け、しばらく私の人生は迷走するのでした。

スポンサーリンク