対人恐怖症

対人恐怖症とは?人間関係がうまくいかない原因と対処法

更新日:

世の中で多くの人が悩んでいる対人恐怖症ですが、そのほとんどの人は自分に自信がない人か、あるいは過去の経験でそうなってしまったのだと思われます。

私も人とうまく付き合える自信がなくて人を避けてしまうときって結構あるんですよね。

そこで対人恐怖症とはどんなもので、どんな人がなりやすいのかをお話していきます。

対人恐怖症は社会不安障害とも言われている

対人恐怖症は、最近「社会不安障害」という名前で注目されるようになった病気でもあります。

人前に出れば、普通の人でも多かれ少なかれ不安や恐怖は抱くものです。

それでも何とか上手くやっていくのです。

しかし、「社会不安障害」と診断される人は不安や恐れが過剰で、悩みや苦痛がどんどん大きくななっていく傾向にあります。

その結果私生活だけでなく社会生活にも支障をきたすのです。

以前は病院に行っても、「性格の問題」とされることもありましたが、今では治療の対象になるれっきとした病気なのです。

対人恐怖症の原因

大勢の人の前に立って話をしたり、初対面の人と会うのを恐れ体の緊張や震えで日常生活もままならない人が「対人恐怖症」の可能性は十分にあります。

そのせいで仕事に支障がでてしまったり人間関係のトラブルで仕事に行くのが苦痛になってしまう人がいます。

そういう人はもともと神経質で小さいことにこだわったり、怖がりで恐怖心を持ちやすい性格があります。

 

子供の頃に人見知りがあったり、幼稚園などで母親と離れられない「分離不安」の傾向もあります。

小さい時にクラスで一緒の同級生が怒られていたり注意されている人を見て人に怒られるのが嫌になり、人前で立つのが怖くなります。

発表する時に声が震えてしまいその失敗以来、人前でものが言えなくなるなど育った環境による影響もあります。

そうした子供の頃の体験が大人になってもずっと心に残り、人と関わることに恐怖心を覚えるようになるのです。

 

話すことで変わる何かがある

大概の場合、社会に出ると多くの人と関わっていかなければなりません。

対人恐怖症になると仕事場の人と人間関係もうまくいかなくてからかわれたり冷たい目で見られるようなこともあります。

自力で克服しようとすればするほど泥沼にはまっていくようなやっかいなところがあるので、私はカウンセリングなど他人の助けを借りたほうがよいと考えます。

病院のようなところでなく、気軽な感じでリラックスできるカウンセリングルームも多くあるので、お悩みの方は一度行ってみるとよいでしょう。

他人に話すだけでも気が楽になるものですよ。

 

-対人恐怖症

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2019 All Rights Reserved.