こころとからだの悩み

対人恐怖症とは?人間関係がうまくいかない原因と対処法 体験談

更新日:

世の中で多くの人が悩んでいる対人恐怖症ですが、そのほとんどの人は自分に自信がない人か、あるいは過去の経験でそうなってしまったのだと思われます。

私も人とうまく付き合える自信がなくて人を避けてしまうときって結構あるんですよね。

そこで対人恐怖症とはどんなもので、どんな人がなりやすいのかをお話していきます。

対人恐怖症は社会不安障害とも言われている

対人恐怖症は、最近「社会不安障害」という名前で注目されるようになった病気でもあります。

人前に出れば、普通の人でも多かれ少なかれ不安や恐怖は抱くものです。

それでも何とか上手くやっていくのです。

しかし、「社会不安障害」と診断される人は不安や恐れが過剰で、悩みや苦痛がどんどん大きくななっていく傾向にあります。

その結果私生活だけでなく社会生活にも支障をきたすのです。

以前は病院に行っても、「性格の問題」とされることもありましたが、今では治療の対象になるれっきとした病気なのです。

対人恐怖症の原因

大勢の人の前に立って話をしたり、初対面の人と会うのを恐れ体の緊張や震えで日常生活もままならない人が「対人恐怖症」の可能性は十分にあります。

そのせいで仕事に支障がでてしまったり人間関係のトラブルで仕事に行くのが苦痛になってしまう人がいます。

そういう人はもともと神経質で小さいことにこだわったり、怖がりで恐怖心を持ちやすい性格があります。

 

子供の頃に人見知りがあったり、幼稚園などで母親と離れられない「分離不安」の傾向もあります。

小さい時にクラスで一緒の同級生が怒られていたり注意されている人を見て人に怒られるのが嫌になり、人前で立つのが怖くなります。

発表する時に声が震えてしまいその失敗以来、人前でものが言えなくなるなど育った環境による影響もあります。

そうした子供の頃の体験が大人になってもずっと心に残り、人と関わることに恐怖心を覚えるようになるのです。

 

話すことで変わる何かがある

大概の場合、社会に出ると多くの人と関わっていかなければなりません。

対人恐怖症になると仕事場の人と人間関係もうまくいかなくてからかわれたり冷たい目で見られるようなこともあります。

自力で克服しようとすればするほど泥沼にはまっていくようなやっかいなところがあるので、私はカウンセリングなど他人の助けを借りたほうがよいと考えます。

病院のようなところでなく、気軽な感じでリラックスできるカウンセリングルームも多くあるので、お悩みの方は一度行ってみるとよいでしょう。

他人に話すだけでも気が楽になるものですよ。

 

対人恐怖症体験談

Aさん:人とのコミュニケーションが苦手で、段々と対人恐怖症に

小さい頃から人と違うと感じていた

私は、小さいころから人と何か違うと、感じながら生きてきました。

ただ、小学校低学年のころは、異性の友達も多くいました。

だんだんと、中学生になるにつれて異性の友達はいなくなりました。

その頃は対人恐怖症とまではいきませんでした。

 

特にいじめられたりはしなかったものの、自殺未遂をした

学生時代のころは、特にいじめられたりはしなかったものの、高校1年生のころ自殺未遂をしました。

その頃は、「完全自殺マニュアル」という本が流行していて、ベストセラーとなっていました。

私はそれを読み、自殺は簡単にできると思いこみました。

まだ対人恐怖症ではなかったと思います。

そして、自殺の中でも、もっもポピュラーで、簡単にできると書いてあった首つり自殺で死ぬことを決め、自分の部屋の、柱に五寸釘を3本打ち付けて、そこに電気コードをぐるぐる巻きにして、自殺未遂も図りました。

気は失い、泡を吹いたものの、釘を打ちつけている部分が弱く、釘が下を向いてしまった為に、自殺は失敗に終わり、床に気を失って倒れているところを、母親に発見されました。

私の部屋は2階とかではなく、1階のふすまで仕切られているだけの部屋だった為、「ううう」という声が、母親に聞こえたらしいです。

首にあざが残り、痛かったですが、夏休み期間だった為、あざをつけた状態で学校に行くことはなかったです。

 

人が怖く、また、障害のためにコミュニケーションがうまくとれない

そのころ高校のクラスには異性は6人しかおらず、ほとんど話す機会もありませんでした。

そのころも対人恐怖症とまではいかなかったです。

現在はアラサーですが、生まれてこのかた一度も異性とお付き合いしたことがありません。

今は対人恐怖症で、同姓、異性に限らず、できるだけ人とかかわりたくありません。

ですが、人生の中で一度も異性とつきあったことがないというのはさびしいものです。

せめて1度でいいから、異性とのお付き合いをしてみたいですが、それよりも人が怖くまた自閉症スペクトラム障害を持っているため、人とうまくコミュニケーションをとることができず、なかなか異性と付き合うということが、できません。

 

自閉症スペクトラム障害で職場になじめず、段々と対人恐怖症に

自分が、対人恐怖症であると感じるようになったのは、ここ数年のことです。

自閉症スペクトラム障害者のため、職場でもうまく仕事をしたり、人とコミュニケーションをとり対人関係を築くことが困難で、何度もいじめられました。

転職回数も、20社ほどになります。

職場で、何度もいじめられたりするうちに、だんだんと対人恐怖症になって行きました。

現在は在宅でだれとも会わずにできる仕事で生活できないか模索中です。

 

Aさんへのコメント

人とどうやって関わったらいいかわからないのは辛いですよね。

特に障害を持っている方は自分の力でどうにもできないぶんやるせなさも大きいでしょう。

私も何を話したらいいかわからずに「人と話すことノート」というのを作って、同級生に見られて赤面した記憶があります。

 

異性とつきあうのは人付き合いとはまた別の価値もあります。

それで付き合いたいのに、対人恐怖症が妨げになっているのは本当にもどかしいものです。

↓私の体験です。↓

自分の人生にどれくらいのところで折り合いをつけるか難しいところですが、できる限り自分の希望は叶えていきたいところですね。

Bさん:アパレル関係の職場の電話対応で対人恐怖症に

「20代の頃はずっと販売職をしていたので対人恐怖症なんて自分には無縁なものだと思っていました。

アパレルなので職場は女性が多くて正直口が悪いスタッフも結構いましたが、一緒に働いていればそれなりに慣れるもの、たいして真剣に考えるほどではありませんでした。

最初の職場で数年働いてその後誘われて新しい事業に参加、某人気ブランドのスタッフに。

その職場で働き出してからでしたね、対人恐怖症に陥ったのは。

 

と言っても滑り出しは順調、実質2年目あたりからです。

あるアイテムが雑誌で人気に火がついたそのブランド、女性客をメインに多くの問い合わせが来るようになったのです。

人気があるからさらに取材で取り上げられ、気がつけば開店前に人が並ぶまでになりました。

また同時に買いに来られない地方の女性客を中心に電話での問い合わせが殺到し出します。

売れ筋のアイテムが売り切れ続出、次の入荷日まで品物が店頭に並びません。

それでも容赦なく掛かってくる電話、朝オープンまでは知らん顔で良いのですがさすがに営業時間は出なければなりません。

 

そこからですね。

それで対人恐怖症に、細かく言えば電話恐怖症というやつになってしまいました。

顔が見えないから相手も結構辛辣な言い方をしてきますし、こちらは仕事なので腹がたっても言い返せません。

朝店が開いてから閉店までずっと電話がかかりっ放し、私以外にも対人恐怖症になりそうになってる若いスタッフの女性がいました。

私はそんな子達をかばうためにできるだけ電話に出ていたのですが、それが余計にいけなかったんでしょうね。

そんなことが1年ぐらい続いて私は転職したのですが、実はその頃には電話に出るのが怖くて仕方ありませんでした。

 

実は対人恐怖症と自覚したのは転職してからなんですが、音が鳴るだけでビクッとして出ることをためらってしまいます。

プライベートの電話でもそうで、一時期全く電話に出られなくなってしまいました。

知らない女性のみならず彼女からの電話も嫌で、彼女にはなるだけメールでと頼みました。

彼女から電話してとメールが来てこちらからかける、それが習慣になってしまいましたね。

転職先は食品関連のラボ、外部との電話は出る必要があまりありません。

内線は嫌ですがまあ仕方なく出ます。

販売の頃ほど症状は酷くありませんが、今でも電話は嫌ですね。

落ち着かないので聞き取れないことが多いですし、なんか販売職の頃のように客が文句言ってきそうなトラウマがあってできるだけ出ないようにしています。

もう全てメールとかでいいのになあと内心願ったりしますね。」

 

Bさんへのコメント

女性ってたまにせり出してくるかのような勢いで話して、電話を切らせてくれない方がいますよね(もちろん男性にもいますが)。

同じ男として、どうすることもできずに攻撃を受け続ける感覚になるのはよく理解できます。

客商売だから自分の本音を出せないのは辛いところです。

言いたいことが言えないと、段々ストレスがたまって、いつの間にか心を蝕んでいたりするでしょう。

適度なところで逃げることの大切さを感じますね。

Cさん:男性恐怖症の私は自分のことをブスと思っていたけど…

対人恐怖症で男性恐怖症の私は中学生のころ同じクラス男性からブスといわれていじめられていたのですが、私は自分に自信がなく、自分のことを魅力がない人だと思ってまいりました。

ブスに彼氏ができるはずないと思っていたのです。

その上のいじめのトラウマにより、男性と接するのが怖くなりました。

大学のサークル、バイト先は女性ばかりのところに行って、なるべく男性と接しないようにしていていたため、どうやって男性と仲良くなるのかもよくわかりませんでした。

そしてもしわかってもブスの私に縁がないなどと卑屈になっていました。

 

対人恐怖症で男性恐怖症の私ですが、就職先は思っていた通り男性社員がいる環境でした。

でも、男性社員はうんと歳離れた上司だったので安心して話せました。

彼らは馬鹿にしないことがわかっていたのでよかったです。

そうした調子で恋愛対象になりえない人間関係ばかり作ってきたのです。

 

そして、対人恐怖症で男性恐怖症の私は、部署関係上2つ年上男性社員からよく仕事依頼されていました。

私は若い男性は苦手なのですが、普通を装って対応していたつもりです。

ですが、ある日部署の飲み会時にその先輩に言われたこと。

「俺は鈴木さんに悪いことした?嫌われてるの?」

ということでした。

そうしたことがないことを一生懸命になって説明しても納得してくれなくて、私はついに過去のいじめ、男性が怖いことを言ったのです。

すると先輩は、あなたはまったくブスではないと言ってくれました。

そしておもむろにフェイスブックを開き始め、先輩の女友達というその人はきれいとは言えませんでしたが、旦那と赤ちゃんと一緒に写って幸せそうでした。

先輩は鈴木さんは普通にかわいくて中学生男子はバカなのでブスっていいたいだけだと教えてくれました。

私は男性から始めて可愛いといわれてとても嬉しくなったのです。

 

そして、それからは先輩から仕事頼まれるたびちょっとだけ雑談して、仲良くなりました。

先輩から仕事頼まれるのが楽しみで、彼氏ほしいといった気持ちは次第に先輩と付き合いたいといった恋心に変わったのです。

ある日思い切って先輩を食事に誘ってみたら許可してくれて、当日奢ってくれるようとする先輩を制し、私が食事代を払ったのですが、次は俺が奢ると提案してくれて、これは夢かと思いました。

そして、その次の食事で休みのデートに誘われて、

「始めから俺からごはん誘いたかったがごめん。いつも一生懸命仕事してくれて、感謝してる。」

と言ってくれました。

恋愛禁止されていない職場なのですが、さっそく彼は同僚たちに言いふらしたのです。

同僚たちから上司などへ噂広まるのが早いです。

とても満たされました。

対人恐怖症で男性恐怖症の私も助かりました。

 

Cさんへのコメント

とても心温まる体験談をありがとうございました。

十代の頃に言われたりされたりしたことって、ずっと尾を引きますよね。

私も大人になって、もう克服できたと思うことでも、たまに自信を無くしてしまったりすることがあったりします。

 

でも人って自分が思っているよりも優しかったりして、その温かさに助けられたりするんですよね。

対人恐怖症の人は自分はダメな人だと決めつけていたりするけど、本当はそんなことないんだよということに気付いてほしいし、自信を持つきっかけがあればいいんだろうなと思います。

 

Dさん:対人恐怖症であることを理解してもらえないストレス

対人恐怖症になったのは中学2年生の時の経験からです。

彼女が今で言う肉食系女子だったんです。

出会いは席替えでたまたま隣になっただけなんですがやたらと距離感が近いんです。

腕を組むとかはまだしも顔を至近距離に近づけて目を合わせてのぞきこむようにして喋りかけてくるんです。

目を合わせて喋るというのはそれまで普通にできていたんですが、それが急に意識してできなくなってしまったんです。

まあ若さ故というかそんな感じで学生生活してるとことごとく冷やかされてストレス感じて精神がすり減っていくのがわかったんです。

で対人恐怖症になりました。

 

なんというか、こうそっとしておいてほしいんです。

それでもたちの悪いことに成功意欲はありまして、小学生の時からサッカーを続けて高校も全国でもトップクラスのとこ入ったわけです。

対人恐怖症だけど率先して声を張り上げて声だしやらするわけです。

そうするとそこそこ目立つわけで人が寄ってくるんです。

フレンドリーに男子も女子もまたそれがストレスになるわけです。

「目を合わせて喋らないよね、なんで?」

「対人恐怖症だから!」

「そんな元気な対人恐怖症とかいるわけがないじゃん!」

こんなやりとりの繰り返しでまたストレス感じてしまって高校生活は全く楽しめなかったです。

 

結局表面上友達とも先輩、後輩ともうまくやってるふりなんです。

でこれを彼女に喋るとまたどの子と付き合っても、

「そんな元気な人が人嫌いなわけないじゃん」

この答えばかりでまたストレス感じて今度はアトピーやら喘息を発症してしまって全てが悪循環でした。

 

克服できたのは大学生になってからです。

大学へ入ってからも相変わらず好い人演じるナルシストでした。

克服できたきっかけはバイト先の上司との出会いです。

2歳上で経営コンサルト会社のチーフを若くしてやられていた方と仲良くさせて頂いてアドバイスをもらったことです。

人生観やらなにやら話してもらったんですが、人はまあ隠しごとあって当たり前だから気にするなと。

また、自分を全部最初から出しすぎだ、目と目をあわせなくてもいいけど大学3年だから就職活動で困るから俺で練習しとけばいいよ、と言って貰えたので肩の荷がおりたのかも知れないです。

今苦しんでる人の中にも同じような形で表面上だけとりつくろってるけど実は恐怖症で嫌で嫌でたまらないって人もいると思うんです。

時には人間だから1つくらい怖いものあったっていいや!くらいの気持ちで開き直るとストレスためないでいいんじゃないでしょうか?

 

Dさんへのコメント

なるほど、読んでいても対人恐怖症だった方とは思えない感じが出ていますね。

でも、人に理解されずに苦しんで来られたことでしょう。

リア充気質(偏見入っていますが)の人でもそういったことで悩むことがあるのだと目から鱗が落ちた思いです。

 

思春期の頃は心が敏感なので些細なことでも心に負担を感じてしまいがちですよね。

何でもないことがトリガーになり、対人恐怖症を発症してしまう、と。

思えば私も人の目が気になる、目が見れない、唾を飛ばすのが怖くて喋れないなど不安定なものでした。

自然とそうなるというのではなくて、やはり些細な出来事が引き金になるんですよね。

思春期は危機に満ちたものだったことが思い出されます。

Eさん:高校時代のイジメによる対人恐怖症を振り返る

私は高校2年生から3年生の2年間、クラスメイトからイジメを受けていました。

イジメの内容は陰湿極まりなく、机の中に生ゴミを入れられていたり、授業中に後ろからボールをぶつけられたりなど。

何より辛かったのが、高校1年生まで友達だったクラスメイトまで、無視をしたりイジメに回るようになったことです。

その事がトラウマになり、人を信じられない対人恐怖症になってしまいました。

 

高校を卒業してからは、逃げるように地方の大学へと進学。

今までの事は全て忘れ、新たに人生を切り開いていこうと意気込んでいましたが、高校時代のトラウマが頭から離れず、自分からどうしても話しかけることが出来ませんでした。

見た目からいかにも大人しそうというか暗そうな私に話しかける人は誰もおらず、大学生になって1ヶ月が経過しても友達はゼロ。

サークルに入ろうかとも考えましたが、対人恐怖症の私が上手くいくわけがないと尻込んでしまいました。

大学では授業を受けて、ご飯を食べて帰るだけという生活で、何のためにわざわざ地方まで出てきたのかと泣きそうになりました。

 

しかし地方で一人暮らしをする中で、トラウマだの対人恐怖症などで逃げられないのが金銭面。

親の仕送りだけではやりくりがきつかったし、友達がおらずやる事も無かったので、空いた時間でアルバイトをする事にしました。

対人恐怖症の私が出来るアルバイトは接客業以外だと考え、近所のスーパーで品出しや荷物整理のアルバイトをする事にしました。

仕事は重い荷物をたくさん持たされたり、細かい品出しが多数あるなどかなりハード。

毎日ヘトヘトになるまで働かなくてはならない状況で、時間内に仕事を終わらせる為には、バイトチーム4人がいかに効率よく仕事をこなすかが鍵でした。

そんな中で、人と話すのが苦手なんて言ってられず、私以外の3人と密に連携を取りつつ、時にはふざけあって仕事をしていました。

アルバイトを開始して1ヶ月もすると、4人はすっかり仲良し。

仕事帰りにファミレスに行って話したり、カラオケに行く仲になり、私は自分が対人恐怖症である事をすっかり忘れていました。

 

それ以降、学業の中では友達は出来にくいが、仕事など1つの事をみんなでこなす中では人間関係が上手く行く事に気が付き、その事が理解出来てからは過去のトラウマを完全に克服する事が出来ました。

今では結婚し、子供にも恵まれ充実した生活を送っています。

これからの課題は子供に私と同じトラウマを抱えさせないことで、イジメを受けていないか、人間関係で躓いていないかなど、いつも注意深く見るようにしています。

Eさんへのコメント

自身が辛い思いをしてきたからこそ、子供にはそういう思いをしてほしくない。

その観点を重視されて育てられれば子供も健全に育ちそうですね。

学生時代のイジメはなかなか吹っ切れるものではないだけに、大人になってから意気込んでもなかなか上手いこといかないものです。

ですが、仕事で無我夢中になって心を一つにした結果、克服できたのは素晴らしいことだと思います。

学業は個人プレー、仕事はチームプレーだというのが大きいのでしょうか。

 

私は父親から「学生は勉強だけしていればいいからいいよな。俺は勉強だけしてたらいいのなら、いくらでもするぞ。」と父親から言われて育ったのですが、学生は勉強が全てではないと思います。

人間関係を形成して自己確立をしながらというのが難しいところだと思います。

仕事は仕事のことだけ考えていたらいいのだからそっちのほうが楽だよね?というのが社会人になった私の考え方です。

今から学生に戻って勉強したいか?と聞かれても絶対にNOですもの。

学生時代は前哨戦で、社会に出てからが本番ですね。

 

-こころとからだの悩み

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2019 All Rights Reserved.