毒親

適切な行動にもケチをつけずにはいられない毒親 駐車を巡って

更新日:

駐車を何度もやり直し

一年ほど前に実家に行ったときのこと。

私達夫婦はその日、親に車を借りることになりました。

一戸建ての玄関の脇にある小さなガレージから車を出して出かけました。

そして帰ってきたときのことです。

 

私はバックで車を入れるために、念のために妻に外に出てもらって見てもらうことにしました。

両親もきちんと私が車を入れられるのか気になるのでしょう、家から出てきて私の様子を見ていました。

 

私は一、二度切り返して丁度ど真ん中に停めました。

その間両親はずっと黙って見ていたのでこれでよし、と思い車から出ました。

すると、「こんなに右に寄ってたら私が車に乗るときに入れないじゃない!」と母が言ってきました。

 

私は、そのときは何も思わずにもう一度車に乗って右が空くように、ほんの少し左に寄せました。

これで大丈夫か、と思って車から出たら今度は、「こんなに寄せたら出るときに左にぶつけちゃうじゃない!」と母に言われました。

また位置修正をしようとすると、「もうそれでいい。」と母は言いました。

後から考えれば矛盾だらけ

いきさつは以上です。

恥ずかしながら私は自分の家に帰って妻に指摘されるまでこのことについて何も思っていませんでした。

 

よく考えると、私が車庫入れしている最中じゃなくて、車から出たときに言うのはおかしいですよね。

そんなにシビアな位置調整が必要なのなら、窓を開けて細かく指示を出せばいいだけのこと。

もしくは母が自分で入れればいいのでは?という話になりますよね。

 

妻が言うには、私がバックしている間ずっと、「ああもう。そんなんじゃぶつかっちゃうじゃない。あーあーーあぶない。ああっ、あああっ!」などとうろたえていたそうです。

………

お分かりになっていただけますか?

私が過去からこうやって過剰に心配するふりをして馬鹿にされ、自己肯定感を持てないようにされ、母に対する罪悪感を持たされていることを。

むすっとした顔で様子を見ていると思えば、過剰な反応でさも問題が起きているかのように振舞う。

こんなのは精神異常者以外の何者でもないです。

もし本当に、いい年した息子をそこまで心配しているのだったらそれはそれでおかしい。

 

ずばり左側が何センチ空いていたらセーフで、右側が何センチ空いていたらセーフか聞いてみたいです。

その空いている幅の合計が理論上ありえない数字になることは十分あり得ますね。

ただ、私にケチをつけたいだけ。

大体私が車から出られているのに、自分が入れないって何なのでしょう。

少しはダイエットをしたほうがいいんじゃないかと思いました。

もしその場で思いつくことができれば言えるのに、その場では何も気付かず流してしまう。

これ、コントロールされた子供の特徴だと思います。

まだまだ修行が足りません。

父からのとどめの一言

ちなみに、一応車を借りた身分なのでガソリンを入れて返しました。

借りる時点でほぼエンプティに近かったのですが、満タンまで入れました。

5000円くらいかかったので、結構な出費です。

私は一応、いいことをしたつもりでいました。

そしたら、父が最近こう言ってきたのです。

「お前らがガソリンあんなに入れるから使い切るのに半年かかってしまったよ。」

???

もう何も言葉が出ません…これは何でもいいから文句を言いたいだけなのか、それとも遠まわしな感謝なのか。

どちらでもいいからもう考えたくもありません。

 

しるばー
両親とも、ネガティブメッセージを伝えなければ気が済まない性格なんでしょうね。
これじゃしるばーの気が休まらないのも当然だよ。
たも

 

-毒親
-

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2019 All Rights Reserved.