こころとからだの悩み

敏感過ぎて生き辛い!HSP、HSCの人の特徴と悩みについて

更新日:

HSP、HSCって何?

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)というのは、アメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロンが考案したもので、生まれながらに感性が敏感な人の事を言います。

HSC(ハイリーセンシティブチャイルド)は、同じように敏感な子供の事を表します。

HSP、HSCの人は、その過度な反応から、極度に驚いたり、恐怖を感じやすく、周囲からは「繊細すぎる」、または「臆病」と、とらわれがちです。

ですが、すぐに驚くからといって、全ての人がHSP、HSCという訳ではありません。

HSP、HSCの特徴

まずは、HSP、HSCの特徴からご紹介したいと思います。

特徴1.物事を深く追求する

HSP、HSCの人は、音や匂いにとても敏感です。

そして、その音や匂いの正体を見極める為に、深く物事を追求します。

ですが、なかなかその正体がつかめず、また、いろいろな可能性を考察するあまり即断即決するという事をとても苦手とします。

その為、なかなか一つの物事から離れられません。

その姿は、第三者から見るととても優柔不断に見え、その反応からHSP、HSCの人は疎外感を感じやすくなります。

特徴2.共感力が高い

HSP、HSCの人は、特に共感力が非常に高いという特徴があります。

人は、誰もが些細な事でストレスを受けやすいものです。

それはとても当たり前なのですが、HSP、HSCの人が違うのは、他人のストレスにも過剰に反応してしまうのです。

例えば、誰かがミスをして怒られたとします。

普通なら、同情はしても、共感をするという事はないと思います。

ですが、HSP、HSCの人は、まるで人が受けたストレスを、自分が受けたように感じてしまうのです。

その為、些細な言動で傷ついたり、泣き出したりするので、周囲の人からは、「繊細すぎて扱いづらい」と思われてしまうのです。

特徴3.集団で行動する事が出来ない

HSP、HSCの人は、刺激を受けやすいが為に、周囲にはなかなか馴染めず、壁を作ってしまいます。

これは、刺激を受ける事を恐れているからなのです。

人との接触により刺激を受けたくない事から、一人でいる事を好みます。

また、そのこだわりの強さと神経質に物事を考えがちな性格から、集団で行動する事を極端に避けるようになります。

また、性格も内向的なタイプが多く、自然と人の輪に入る事が苦手となってしまいます。

ですが、周囲から見ればそれらの行動は「暗い」「付き合いが悪い」と捉えられ更に内向的になってしまうのです。

特徴4.刺激に反応しやすい

HSP、HSCの人は、刺激に対する反応がかなり過剰です。

わずかな物音にも反応して悲鳴をあげたり、突然のアクシデントにパニックを起こしやすいのです。

例えば、物音がしただけで飛び上がる程驚いたり、声を上げてしまったりしてしまうのです。

その為、周囲からは「臆病だ」とか「弱い」と誤解されてしまい、なかなか理解されないのです。

特徴5.服装へのこだわりが強い

そして、HSP、HSCの人は服装へのこだわりも強いのが特徴です。

例えば、必ず生地はこの素材でなければいけないとか、ボタンやファスナーがついた服は着ない、締め付ける服は着ないなど、そのこだわりはかなり強いです。

これらは些細な刺激にも反応してしまうからなのですが、こういった事情が分からない人からすれば、それは単なる「ワガママ」だととらえられる事が多いのです。

大人になると、自分の考えや苦手な事をきちんと説明出来るので、周囲からの理解も早いです。

ですが、HSC、つまり子供の時にはそれらの事が上手く説明する事が出来ず、周囲からは「癇癪を起こしやすい子供」だと誤解されやすいのです。

HSP、HSCの人の悩み

周囲から、何かと誤解されやすいというのが、最大の悩みです。

悩み1.周囲に理解されない

HSP、HSCの人は、好きで驚いている訳でも、内向的な訳でもないのです。

ですが、周囲から理解されず、間違った解釈をされる事に、生きづらさを感じる人も少なくはありません。

悩み2.孤立しやすい

こだわりが強く、敏感な為、周囲からは理解される事がなく、孤立しやすくなってしまうのです。

悩み3.気を遣い過ぎる

そして、HSP、HSCの人は、音などにも敏感なのですが人が出す空気にもとても敏感なのです。

その為、HSP、HSCの人は周囲への気遣いで心が疲弊してしまうのです。

子供の内から、両親にも気を遣う為に休まる場所がありません。

そして、悩んでいるのは本人だけではありません。

HSP、HSCの人の親もまた、悩みを抱えているのです。

HSP、HSCと分からない時には、繊細すぎる我が子への対応に戸惑い、また、こだわりの強さに理解が出来ず親子ながら理解が出来ないという場合もあるのです。

また、他の子供と比べて、自分の子供が何か違うと思った時に親は自分の育てかたが悪かったのかと責める傾向にもあります。

自分は皆とどこか違うという人や、人と関わるとすぐに疲れるという人はHSPかも知れません。

放っておいても苦しいだけなので、自分の感性との付き合い方を見つめてみるのもいいでしょう。

 

疲れたときにその場で頭を切り替える方法「瞑想」

普通の人より疲れやすいHSP体質

受験勉強、仕事のストレス、人間関係のもつれなど、生きていると凄く疲れるときがあります。

そういうときは少し気分を切り替えて、元気になってまた取り組みたいものですよね。

これを書いている私も今月は休みが3日しか無いため、日に日に弱っていっている状態です。

 

HSPの人は人より敏感な分疲れやすく、いったん人を遮断しなければ身が持たないようなときもあるでしょう。

私の場合は完全に一人になる時間をどこかで作らなければ、まともに動けなくなってしまいます。

けれども、忙しさでそれもままならないことは多いですよね。

そこで、忙しさで疲れたときにその場で簡単にリフレッシュするにはどうすればよいか、実は簡単にできる方法があります。

それは「瞑想」です。

瞑想の効果

HSPの人が安定した自分を手に入れる方法として広く知られているのが瞑想です。

長時間の瞑想をすると疲れた脳が落ち着いていき、自分の体の不調のメッセージや、心の訴えを聴くことができます。

常に他人に意識が向いているHSPの人は自分のことを置き去りにしがちです。

ですから、いったん頭を空っぽにして自分自身の内なる声に耳を傾けるのです。

瞑想にはストレスホルモンのコルチゾールを軽減させ、不安などのネガティブな気持ちを減らす効果があると言われています。

瞑想の効果は科学的な立場からも検証されているのです。

 

もちろん息をつぐ間もない程忙しいときは、瞑想する時間をとることが難しいでしょう。

また、仕事中にいったん頭を休めたい時はどうする?

そこで私がおすすめしたいのが「プチ瞑想」です。(勝手に名づけました)

 

方法は簡単。

その場で目をつぶって、心が休まる景色を思い浮かべるだけです。

そして目に入った力を抜くようにイメージしてください。

机に突っ伏したりして楽な体勢になれるならなお良し。

たったそれだけですが、これが効果抜群なんですよ。

 

五感が敏感なHSPの人は、目に入るものに振り回されがちです。

もう心はストップをかけているのに、惰性で脳は回転してしまうんですね。

そこで、それを強制的にやめるのです。

一分もすれば目を開けたときの景色が新鮮に感じられるはずです。

どこかに置いていった心を一旦確認しに戻るような感じですね。

 

もちろん瞑想をしたからと言って体力が回復するわけではありませんよ。

でも、少しずつズレていったような自分をリセットし、フラットな精神状態からリスタートすることができます。

 

これを書いていて気付いたのですが、何だか仮眠と似た効果があるようですね。

仮眠はそれなりに時間を取らなければなりませんが、このプチ瞑想は隙間の時間でできます。

クッションなどを敷いて瞑想スペースをつくり、束の間の休息を充実させたいですね。

何と世の中には瞑想用クッションというものもあります。

これが見るからに座り心地が良さそうなんですよ!

-こころとからだの悩み

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2019 All Rights Reserved.