家庭内で家族の印象操作をする母

家庭内で家族の印象操作をする母

シェアする

毒親は自分の立場を有利にするためなら何でもします。たとえ他人を悪く言ってでも自分の伝えたいことを効率よく伝えようとします。

でたらめで思いやりの無い母の発言

私の父は大企業勤めで比較的出世しているほうでした。家から十数分の勤務先へ悠々と行き、帰りは夜の十時半くらいと比較的遅めでした。

でも、この十時半という時刻、今の私ならピンとくるんですよね。そう、パチンコ屋が閉店する間際の時刻です。父はしょっちゅうタバコの臭いをぷんぷんさせて帰ってきました。そのことから、実は夜遅くまで仕事をしていたわけではないことがわかります。

たまに本当に忙しい時もありましたが、遊んでいることも多かったみたいです。会社員の境遇としては十分いいほうでしょう。今の私からしたらある意味かわってもらいたいぐらいです。

でも、母はそんな父のことをさも大変でかわいそうな人のように言いました。

「お父さんは大変なんだよ。毎日朝から夜遅くまで働いて。あんたはああなっちゃいけないよ。もっと楽をできるようにしっかり勉強しなさい。」

一家の大黒柱を立てずに逆にこき下ろすようなことを言っていました。今の私が思い出すに、父はそんなに大変そうには見えませんでした。転勤や休日出勤はたびたびありましたが、自分の時間がないというほどではなさそうでした。まず毎晩ファミコンを2時間ぐらいしていましたし。

馬鹿を育てる洗脳

子供の前で父を立てないというのは教育上よくありません。私は母から「お父さんはしょっちゅう会社を辞めたいと言っている」とか、昔上司からパワハラをされた話とかを聞かされて、社会人としての父は尊敬できないようになっていました。

また、父を褒めたと思うとその内容は「お父さんはコンビニの弁当を食べた後のゴミをきちんと袋にまとめてくれる。」といったどうでもいいことでした。それを言うことでそこしか褒めるところが無いように取れてしまうので、実質馬鹿にしているのと変わりありません。

これぞ正に印象操作です。

母から色々と言い聞かされて、自分の方が父より能力があると錯覚した私は自分に選民意識を持つようになってしまいました。勘違いもはなはだしいです。

また、実際は父は世間から見ると十分に頑張っている部類だったと思うのですが、その父がこき下ろされるのを聞き続けて、私は努力など馬鹿馬鹿しいと思うようになりました。そして母のささやく甘い言葉に耳を傾け、しかし、するように言われた勉強はせず自分の楽なほうに動いていくようになりました。こうなるのはもはや自然の流れだったと思います。

母の発言は自分の都合しか考えていなかった

では私が大学を出て会社員になるとどうなったか。まず、平社員からのスタートが我慢できませんでした。上司には絶対服従の現実を知ったとき、わたしはそれまでいかに上から目線で生きてきたかを思い知らされました。

それから、新卒ですから給料が少なかったです。それと、サービス残業がハンパではなく、休日出勤は当たり前でした。これらの現実に直面して苦しみ、母に相談したときの反応はどうだったか。

この流れだと、かわいそうだから早くやめさせようとするとか、何でそんな会社に就職したんだと責めるとか、私がこれまで勉強をしてこなかったことを叱るなどが予想されるでしょう。

しかし、違いました。

「会社に仕事があるのはいいことです。」と意味不明の発言をし、私の境遇や体調は一切気にしないのでした。

元々、母は父の仕事のことなどどうでもよかったのです。自分がぬくぬくと専業主婦(しかも最低限のことしかしない)をしているのと比べて父の大変さを笑い、哀れんでいただけなのではないかと思います。ついでに、転勤で田舎に行くことになった恨みも込められていると思います。両親は父が定年退職すると同時に元の都市に戻りました。母はよほどその田舎に居るのが嫌だったのでしょう。

もはや強力なマインドコントロール

このように自分の境遇や気持ちだけで、人のことを偏見に満ちた見方をし、それを他人に伝えるのです。疑うことを知らない子供はその毒を全身に浴びます。そして誤った事実に基づいて己の人生観をつくっていくのです。

毒親の教えはコンパスの針を狂わせる磁力のようなものです。その教えに従っていると、人生という海をあさっての方向に航海してしまうことになります。そして、そのことに大人になってから気付き、激しく後悔します。

しかしやり直そうにも、それまでに生きてきた己の足跡は消すことができないのです。私は慌てて軌道修正しようとしましたが、結局少しずつしか変えていけませんでした。

スポンサーリンク