ギャンブラーズアノニマス(GA)ってどんなところ?(体験談)

ギャンブラーズアノニマス(GA)ってどんなところ?(体験談)

シェアする

パチンコに行く前日は興奮で夜もろくに眠れず、パチンコ屋の開店時刻になるとやっとこの時が来たとばかりに家を出る。本当はそんなに楽しみにするほどのものじゃないことはわかっている。

だけど時間が来たら体が勝手に動いてしまう。借金のことは頭から外して、その日をどうパチンコでエンジョイするかで頭がいっぱい。パチンカスって悲しいよね。負けるとわかっててもやめられないんだから。

負けて店を出た時には睡眠不足も相まって体はフラフラ。ようやく家にたどり着くと自然とフワッと力が抜けて、数時間眠り込んでしまう。この泥のように眠る時がまた孤独なんだ。自分を取り巻く全てに背を向けて自分の世界に閉じこもるようで、起きた時の悲壮感がまたやばい。

ギャンブル依存症は進行性の病だ。行為を反省するだけでは事態は変わらない――

ギャンブラーズアノニマスってこんなところ

私は過去に自助グループで有名なギャンブラーズアノニマスに通っていた時期があります。その経験を通じてギャンブラーズアノニマスがどんなところだったかをお話したいと思います。

アノニマスとは匿名という意味で、参加者は本名を伏せてニックネームで呼ばれていました。初回はまず、資料とキーホルダーのような記念品がもらえます。会場に行くとまず運営費を徴収していました。運営費と言っても、100円でした。それをコピー代などに使うのでしょう。

参加者の数は場所によって違うと思いますが、私が通っていたところは週一回開催で毎回15名くらい居ました。参加者の年齢層はバラバラ、女性は居なくて男性だけでした。

ギャンブラーズアノニマスはギャンブルをやめるための場所ではありますが、現在進行形でやめていないといけないわけではありません。なかなかやめられないという人も居れば、やめていたのにスリップ(失敗)してしまったと話す人も居ます。中には会場に来るその前までパチンコをしていたという人も居ました。皆には言えませんでしたが、実は私もそうでした。

ギャンブル依存症は回復しない病気であることを受け入れて、治療するのではなくギャンブルそのものから離れるというのがギャンブラーズアノニマスの姿勢です。そして強迫的ギャンブラーは一人ではギャンブルをやめられないので、匿名の者同士で境遇を話し合って共有するのです。

ミーティングか開始すると一人一人順番にギャンブルに関わる話をします。何を話しても構いません。また、聞く側は何も意見せずただ黙って聞きます。

様々な人がいました。ギャンブルで人格がおかしくなっていったと話す人や、大借金を抱えて離婚寸前の人など。会場では落ち着いて話していますが、波乱の道を歩んできたことが伺えます。

具体的なギャンブルの話はご法度なのが暗黙の了解でした。リアルにギャンブルを思い出させてはいけないと皆わかっているのでしょう。

効果を期待するものではない

私はギャンブラーズアノニマスには数回通った後、就職を理由に行かなくなりました。

効果があったのかは不明です。そもそもギャンブラーズアノニマスは効果を期待するものではなく、ギャンブルをやめ続けるために通うものなので、通わなくなった時点で意味を失います。ですので、ギャンブルをやめている、もしくはやめようと努力している人が行くことに意義があります。

ミーティングでわかったのはスポンサーという存在が居るようなのですが一体どのような人なのかわかりませんでした。その言葉からして経済的な援助をしてくれる人が居るということだと思いますが、流石にその場では聞けなかったです。その点は今でも気になっています。

スポンサーリンク