まさに不幸!毒親の下で育つと将来はない。職場に適応できないAC

まさに不幸!毒親の下で育つと将来はない。職場に適応できないAC

シェアする

どこに行っても同じようなことを言われる

大人になってから職場で、

「人から見てどう思われるか考えて発言しろ」

「君は何がしたいの?」

「もっと輪郭がはっきりした人間にならないといけないよ」

一人からだけでなく、色々な人からこんな風に言われることが多くなりました。

学生時代までは自分の好きなように振舞えて、気の合う人とだけ付き合えば良かったですから、私に面と向かって問題点を指摘する人など居ませんでした。しかし、社会に出てから職場で自分が正当に評価されるとこうなるんだということがよくわかりました。

皆が言いたいことは何となくですが、主体性のある人間として責任を持って行動しろということだろうなとわかっていました。頭の奥底では周囲と自分の違いは感じていたのです。

主体性を持つことは家庭のルールに反していた

しかし、自分にはそんな主体性など持ちようがなかった現実がありました。昔から親に言われるままに勉強させられ、それ以外のことは良くないこととして刷り込まれてきました。

希望を持って生きるなど考えられないような、選択肢の無い人生でした。気休めになることは、隠れてする遊びなど人目につかないようなことばかりでした。私が生き生きしてしたいことにチャレンジすることより、とにかく親の言うことに従うことが大事。

私が精神的な自由を獲得することは親への裏切りといわんばかりの雰囲気に満ちた家庭でした。

こうなったのは必然

勉強が心から楽しいと思ったことはほぼありません。なぜなら強制されたから。大人になって就職するのも義務だから。面倒だけど言われたとおり働けばいいはずだと思っていました。その末が冒頭の発言です。

職場で働くというのは、私が働いてあげているんだと思っていました。それくらい何一つしたくなく、何事もさせられている感が満載でした。

大人になってからの行動は本人に責任がありますが、幼少期の育てられ方は選択できません。成人するまでの段階では、どんな大人になるかは親によって決まると言っても過言ではありません。

DMC(家庭内洗脳)された憐れな子

私の親はとにかく医者や弁護士など、肩書きの偉い職業が好きなようでした。それを子供にやらせようとしたのですが、子供の内面をきちんと見ずに親の要求だけ通していたら子供は壊れていくに決まっています。

そして、子供が壊れてもそれに気付きません。気付いていてもどうでもいいのかも知れません。私がストレスで髪の毛を抜きすぎて禿げてきても、親より先に赤の他人がそれを指摘する始末でした。

こんな家庭で生きていると、生命を維持するため親の機嫌を損ねないように顔色を伺うようになります。そして親がどんなに理不尽なことを思っていてもそれに応えようと努力するのです。「親が不機嫌なのは自分が悪い子だからだ、もっといい子にならなければ!」と、健気に努力します。今思えば本当に憐れな子でした。

毒親は罪作りな存在

自分のしたいことは置き去り。いつでも神経を尖らせて生きるのに精一杯、そんな幼少期。思春期を迎えるころにはまっとうな物事に価値を見出せなくなり、刹那的な楽しみしか愛せなくなっていました。全てが面倒、大人になるころにはこれが私の人生観になっていました。

毒親はこういう人間を育てるのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク