毒親名言カルタ ハーフ(な行まで)

スポンサーリンク
毒親

んたのためにどれだけいらんことに使ったか

教育費を勝手にジャブジャブ使っておきながら、望みどおりに成長しなかった子供に対して言う言葉。なお子供側はそもそも何も一切頼んでいません。勝手に決められて、勝手に進められても子供は何のことだかわかりゃしない。挙句の果てにはこうして文句まで言われていますが完全に筋違いです。

 

らんことはしなくていいんだ

余計なこと、というほどのことでもないが、でも親の目から見て目障りな行動に対して言う言葉。この言葉によって子供は全ての好奇心を奪われ、世界が閉ざされる。主に赤の他人に働きかけようとするときによく言われました。

 

ちはうち、よそはよそ

世間でもよく使われるこのセリフ、一見問題が無いようですが「うち」と「よそ」がかけ離れ過ぎていることが問題です。そして、このセリフが使われるときは「うち」に居る利点が全く無いときであり、要は理不尽を正当化しているのです。

 

んであげようか

いらない物を与えられそうになりいらないと言っているのに、聞く耳を持たずに話を進められている光景。私がいるかいらないかは本当に関係なく押し付けてくるから迷惑です。

 

をばがにするなよ

メールで送られてきたのですがどんな顔して打っているのか容易に想像がついてしまう。怒りながら、でも泣きそうな顔をして顔を真っ赤にしているのでしょう。どこまでいっても自分の反省はせず人のことは非難してくるので悲しんでいるとしても同情はできない。

スポンサーリンク

 

んしゃしろよ

毒親らしいセリフといったらこれでしょう。同様の言葉を言われたことがある人は多いのでは?頼まれてもいない行動をしておきながらその見返り(感謝)を要求するというように、押し付けがましいことこの上ないです。感謝されて当然と思ってるところがすごい。

 

きたくない

他人の幸せが許せない不幸な親は、たとえ我が子の幸せであっても認めることができません。子供が幸せな話も聞くことすら耐えられないのです。

 

びを洗って待っとれ

まるで抗争相手とのケリをつけるときのセリフのようですが、実際に母が子に向けて放ったセリフです。切腹でもしろと言うのでしょうか?どんだけ怒りを感じたらこんなセリフを言えるのでしょうか?私は母が言ってきたことの1000分の1も言っていないつもりだったのですが…ちなみに家に向かうと言った母はその日になっても来ませんでした。

毒親の化けの皮が完全に剥がれて本性が丸見えになった日
あまりに衝撃的な出来事でした。 ある日の夜の毒母とのメールのやり取りです。 見返すのも吐き気がしますが私の魂の汚れを浄化するために手入力で書きます。 毒「暑くなったけど体調は大丈夫ですか?たまには連絡を入れてね。心配だ...

 

ちなやつだな

他人に対してケチと言う人は、不当な要求をしている故に拒否されているだけである場合があります。子供にも断りたいときぐらいあり、いつ何時でもオープンにしていなければいけない謂れはないはず。大体私がケチだったとして、育てた親のほうはもっとケチだったと思う。

 

の親不孝もん

親不孝もんというからには一体私がどれだけたいそうなことをしでかしたのか教えてほしい。何も大したことは言えないはず。そう言うのだったら、私の幼少期から子不孝もんだった自身を詫びて欲しいと思います。

 

いきんどう?

若者同士の適当なあいさつのようなことを定期的にメールしてくる親。私の親は独り立ちしても子離れしてくれない構ってちゃんでした。当然何をどう答えたらよいのかわからないので適当に「元気です」などと返すわけです。正に時間の無駄。

 

んじられないわ

そんなに言われるほどの悪いことはしていなくても、抑揚をつけてショックを受けているように言うことによって子供の罪悪感はマックスになる。遠まわしに子供を屈服させて謝らせるために使う言葉。前後に「んまあぁーーーっ」「もおおおぉーーーん」をつけるとより子供の心は重くなる。私はこのセリフを言う時の親の顔が忘れられない。

 

きにしろ

本当に好きなようにすると無言の圧力をかけてきて居心地を悪くさせてきます。その結果子供は罪悪感を感じ、それに耐えられなくなり親に謝るはめになるのです。

 

かいでたった一人のきょうだいじゃないの

「きょうだい」は私の妹を指す。このセリフ単体は特に悪いものではないが、血のつながりさえあればどんな障害も越えることができるという親の考えがはっきりわかる。「親子でしょ」の一言でどんな理不尽も正当化されてきたことを私は忘れない。

 

うだと思ったわ

子供のことは何でもお見通しとでも言わんばかりに呆れたようにため息混じりに言う言葉。ダメ息子のレッテルを最初から貼られているようで、言われると凄く残念な気持ちになる。

スポンサーリンク

 

いへんだなあ

本当は何とも思っていないのに人の心配する素振りだけは一人前な毒親。抑揚をつけてまでして言っているのにちっとも心が伝わってこない。その後に手のひらを返したかのように人ごとだと思って好き勝手言うまでがセット。

 

ょっとは勉強しろよ

もはや教科書を毎日同じページを開きっぱなしでサボっているのに形だけは注意する。子供がそんなんならさっさと見放すかきつく叱るのが筋なのに、形を保つことを優先して実質を重視しない放置親らしい発言。

 

かまるようなことだけはしないでくれよ

この言葉は奥が深い。子供が自分の望むように育たなかったことを遠まわしにディスっているのであり、もはや犯罪者予備軍としてお前を見ているぞということを暗に言っているのです。言われた当時は荒れている私を諌める言葉だと思っていましたが、時がたつにつれて私の心が傷ついていることに気付きました。こんな言葉をさらっと言ってしまう親はどんなものか、まさにポイズン。

 

け上がるなよ

子供がちょっとでも調子に乗るのが許せない毒親。自分の気分を害されると子供を責め、頭を押さえつけることに余念がない。

 

つだってやろうか?

本当に手伝うつもりは全く無く、実際には手伝わなくても済むようなときを狙っていい人アピールをする。この発言をした時点で子供は恩を着せられたことになり、「ありがとう」という言葉を無駄に言うことになる。毒親も子供から搾取するだけでは正体がバレそうになるのでこうした目くらましの技には非常に長けている。

 

なりの家は息子がよく来てるのに

隣の家と比較して家族の親密度で負けていることに泣き言を言う毒親。そんなことを言ったからって私は寄り付こうとは思わない。むしろなぜこういうことになっているか一瞬でもいいから思いを馳せてほしい。理屈になっていないことを主張する辺りがさすが毒親である。

スポンサーリンク

 

やんでばっかりいても仕方ないよ

他人に対する共感能力の無さゆえに、子供が悩んでいる状況が理解できない毒親。とりあえず耳障りの良い、上っ面だけのことを言ってその場を収めようとする。内心ではわけのわからないことをゴチャゴチャ言う子供を見ていい加減にしろと思っているであろう。だが子供の方こそ実質何もしてくれない親に対していい加減にしろと強く思っている。

 

んたいりょくが無いな

私が何かに挫折した時、真剣に言うのではなく馬鹿にするかのように忍耐力が無いことを指摘する。このときの親の顔は半笑いである。まるで親自身には忍耐力があるかのような言い方をし、そして実質的なアドバイスは何もしないので単に上から目線でダメ息子のレッテルを貼りたいだけなことがよくわかる。

 

がすぞ

男子小学生どうしがふざけあっているのではありません。母親が高校生の息子に対して言うのです。冗談にしては気持ち悪すぎる。まさか本当に見たかったのか?下着を抑える私の手をどけようとする力はあまりに強かったです。この変態が。

セクハラ・性的虐待じゃないのか?思春期に体をベタベタ触る毒親
思春期を無事通過できるか 思春期になると男子は母親のことが鬱陶しくなり、接触を避けがちになります。 そこで母親が察して子供と適切な距離をとるようにすると、子供は健全に育ちます。 しかし、それをせずにむしろ詰めてきたらどうなるか...

 

てばっかりだな

私が昼夜逆転に苦しみ、昼間しか寝られない事情を話した上でのこのセリフ。多少の文句を言いたい気持ちはわかるけど、あっけらかんと笑いながら言うのはどうか。子供は本当に笑えない状況なのにこのデリカシーの無い、何の励みにもならないセリフに絶望する。

 

んきなもんだな

本当に私の親にはこの手の第三者的な、傍観者としてのセリフが多すぎる。適切な行動の仕方を教えずに子供に丸投げしておいて、何がのんきなもんか。心構えや自己管理は誰からも教わらずにちゃんとできて当たり前だと思っているのでしょうか。仮に私が何も出来ていなくてのんきだったとしたら、そこで軌道修正してくれるのがちゃんとした親ではないかと思います。

 

とりあえず五十音の半分まで作った所で力尽きました…

毒親
スポンサーリンク
シェアする
silverをフォローする
毒親、AC、ギャンブル依存症、そして精神的困難と闘う

コメント