毒親は金が大事!子供の教育にお金をかける理由

毒親は金が大事!子供の教育にお金をかける理由

シェアする

毒親はお金しか信じられない

世の中で生きていくにはお金が必要なのは言うまでもないですが、大事なのは何もお金だけではありません。何かに生きる意味を見出せれば、また人との繋がりを重視するのであればお金だけが大事という風にはならないはずです。

しかし、生きるのが下手で趣味という趣味がなく、友人関係も乏しく、元より人付き合いが下手で、それなのに見栄っ張りで、常に自分は他人より優れていて生きる価値があるはずだ、と信じている人。これが毒親です。

こういう人が信じることができるもの、それがお金です。お金は自分を裏切らない、世の中の他人は自分を裏切るけれど、お金さえ持っていれば何でもできる。毒親はそう信じています。

子供を使って自分の人生を輝かせる

お金が中心の価値観なので、子供にもお金に関する話は執拗にしてきます。毒親にとって子供は自分を輝かせる道具です。子供が将来自分の元へどれだけのお金や名誉をもたらしてくれるかが最大の関心ごとなので、子育てには余念がありません。

自分がどんな素晴らしい子供を育て上げたのか、これが毒親にとって重要なことです。子供がどうしていきたいとか、そういった自主性は全く重んじません。

自分は大した大学を出ていないのに、子供にはまるで夢のようなサクセスストーリーを求めるのです。「とんびが鷹を産む」ということわざがありますが、毒親はそれを無理やり実現しようとします。しかし、「かえるの子はかえる」です。いくら学力をつけてもそこに知性はついていきません。

思いは常に親からの一方通行

子供を立派にしたい毒親は子供の教育費については金に糸目をつけません。将来子供が倍にしてかえしてくれると信じているからです。

私の場合、幼稚園の時から勉強させられ、小学生の時に騙されて塾に通わされました。「ちょっといいところ行こう」と言われて、デパートの屋上のゲームコーナーで遊んでいましたが、その後気がついたら私は塾に連れられていました。

まるで誘拐犯並みの手口で騙されたわけです。何せ、子供である私に何も説明しないのです。子供が知る必要は無いなどとよく言われました。でも親は悪意があってやっているのではなく、それが正しいと信じてやっているのです。

しかし、私からすれば罪の意識のある無いは問題ではありません。心無い行動をされたという気持ちでいっぱいです。このような親のやり方で、ずるずる引っ張られていったのが私でした。苦しいからやめたいと言う権利もなく、内面にストレスを溜めていきました。

毒親の行動はよく見ると不自然なところが多い

私の例は理不尽なところはあるものの一見まともな親のように見えるでしょう。しかし、家庭内に実際に居た私にとっては疑問符がつくことでいっぱいでした。

その一つが、勉強以外のことに対してはとにかくお金を出し渋ることです。例えばお小遣いをくれる時でも本当に勿体ぶってからくれるわけです。これだけで私は「小遣いがほしいなどと申し訳ないことをお願いしてしまった」と罪悪感を感じるのです。

他にも本がほしいとき、ゲームがほしいときなど、結局買ってくれるんだから気前よく買ってくれればいいものを、散々突っぱねた後、「子供がうるさいから買わないといけなくなった」という形に持っていって買うのです。子供が罪悪感を感じてしまうのも無理はない話ですね。

私はこれらの出来事から、まともにお願いしても聞いてもらえないから駄々をこねないと願いは叶わないと学び、大人になるまで引きずりました。内面はともかく、表面的には親と闘って勝ち取ろうという風になっていったわけです。

高校生になる頃には、親は私の教育費にどれだけのお金がかかってるか力説するようになりました。そしてそれに見合った大学に行き、お金が稼げる職業につくことを要求してきました。何もお金をかけてくれとこちらが望んだわけではないのですが、もうそういう話ではなく、私にそれ以外の選択権は無いようでした。具体例を挙げるとキリがないのでそれは別の機会にということにします。

親が医者で開業しているから子供はそれを継がなければならないというのならまだ話はわかります。そうではなくて、一介のサラリーマン家庭が子供に英才教育(?)をしているのです。しかも、教育に重きを置いているのではなくて、勉強した後の進路だけを目当てにしているのです。何かすごく無理があると感じるのは私だけでしょうか。

例えるなら草野球が趣味の親が本気で子供をプロ野球選手に育てようとするような…頑張らされる側としては悲壮感すら覚えます。そのときは家庭として成り立っていても、子供が大きくなる頃には子供自身に社会でやっていくエネルギーが残っていない状態になります。そこで子供は行き詰まり、苦しみます。

普通の親なら子供が行き詰っていたら助けるでしょう。しかし、毒親にとってそれは自分の関心ごとではありません。子供が苦しんでいることに気付こうとしないのです。実際の経験ですが、私の親は私が苦しい時に助けてくれませんでした。

次回、そのことを書きます。

肝心なことは何もしない精神的ネグレクト母 前回の続きです。 今回の内容はネグレクトの要素が強いです。このイラストほんと笑えま...
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク