毒親と離れ、縁を切って自立するために必要な環境

毒親と離れ、縁を切って自立するために必要な環境

シェアする

あの手この手で近寄ってくる毒親

毒親と縁を切ってもすぐまた元の関係に戻ってしまうということはよくあります。自分を苦しめる存在とサヨナラしたくてもできないのです。

毒親は自分をなかなか放さないし、あの手この手で接触してきます。毒親は正に妖怪七変化です。般若のような顔で怒っていたかと思うと、急に猫なで声で甘えてくることもあります。

泣き落としの手を使い始めたかと思うと、それが上手くいかなければ再び怒り出します。ふと気付きましたが、DVを行う人の行動パターンそっくりですね。子供は気付いた時には毒親のペースに巻き込まれているのでいつまでたっても自立ができません。これにはあるメカニズムが潜んでいて、子供はそれに気付きません。

無意識の領域で起こっている出来事

毒親との縁を切る決意は意識的に行っていることです。それは親とは関わらないのだという自覚を持って生きようとしているのです。

しかし、それだけでは親との関わりを断つことはできません。なぜか、それは無意識の部分が親と繋がろうとするからです。人と人の繋がりは無意識の部分でも管理していて、この部分は意識では操作できないのです。

ではどんな現象が起こってくるのか?DMC(家庭内洗脳)されている子供にとって、親は自分より上の立場です。力関係で言えば親は抗うことのできない相手なのです。

その証拠に、毒親は子供が何と文句を言ってもびくともしません。毒親に正論を言うと、「親に対して何と言う口の利き方だ!」と言われるでしょうが、それ自体が理不尽な関係を象徴していると言えます。

従って、理不尽な毒親は子供がどんな決意をしようとものともせず、攻め込んでこようとします。子供はそういった親の気持ちなどを無意識に処理する結果、

・親に対してはっきりと意見を述べようという気持ちが消えていく

・親のことを美化しだす

・親の支配下に置かれる前提の生き方を再開する

などの現象が生じてきます。親に対して負けを認めたも同然のことが起こるのです。(子供本人が無意識にそうなる)

ではどうすれば毒親と離れられるか

毒親はまっとうに立ち向かっては適わない相手です。もっと言うと、視界に入れるだけで悪影響を及ぼしてくる存在です。人は目にしたこと、触ったこと、匂いなどから多くの情報を手に入れています。当然、親に関する情報もこれまで沢山得てきているので、少し親を見ただけでそれらが思い起こされてしまいます。

DMCされた子供は、毒親を見ただけで従順な子供を演じる条件反射が起こってしまうのです。ですから、毒親持ちの方が自分らしく生きたいなら、なるべく親と接触を避ける努力をすることです。ここからはその方法を書いていきます。

その1.家を出る

同居しているというのは同じ空間を共有しているということなので、親の影響力は絶大です。一人立ちできる年齢になったらさっさと家を出ることが得策です。

ちなみに、毒親は物理的に距離をとったところで、電話やメールでしつこく接触を図ろうとします。根本的に脱毒親できていないと、これらの連絡にうっとうしさを覚えながらも律儀に対応するはめになるので注意が必要です。

私は大学生になって一人暮らしを始めてからもほぼ毎日のようにおはようコールとお休みコールがありました。言い表しようのない気持ち悪さを覚えながらも私はそれに付き合ってしまいました。

私の周りでいい年してそのような儀式的とも言える、決まった時間に決まったことをするような親は他に居ませんでした。私の母は特段変なことをしている感覚は持っていないようでした。毒親の常識は世間の非常識です。

その2.外に居場所を作る

それから、自分が所属する場所を手に入れることも重要です。例えば職場や、サークルなどです。それらの場所に自分の意識を傾け、社会的な価値観を人と共有するようにしましょう。

毒親の社会性は極めて排他的で独りよがりです。一般的な感覚と相容れない独特なものを子供だけにぶつけてきますので、子供としてはまともな人と繋がっておくことに大きな意味があります

その3.普通の人と結婚する

最も効果的なのは毒親と縁が無い人を配偶者にすることです。まともな価値観を持つ人と一緒にいるだけで健全な考え方が無意識の領域に染み込んでいきます。決して与えられることのなかった自然体の感覚を感じることができ、新たな世界への第一歩となるでしょう。

このときの問題は毒親に育てられた子は少なからず親と同じような感覚を持ってしまっていることです。例えば私の場合は自然に相手に優しく振舞うことが出来ません。のびのびとした感覚を当然の権利のようには持っていません。こんな感覚だと付き合う相手まで限定されてしまいます。

如何にして結婚生活を維持するか、これには努力を要します。しかし、幸せになるためなら頑張る価値はあります。私の妻は脱毒親に協力的なので助かっています。妻のことはまたいずれ書くことにします。

まとめ

毒親と思考を共有することが最もよくないことです。先ほどの3つの例に沿って言えば実家暮らしで、家に引きこもっている人が最もリスクが高いと言えます。よくニートは楽だという論調を目にしますが、実際は逆で毒親持ちのニートは地獄のような心境だと思います。親が普通の人であるニートはどうかわかりませんが…

できるだけ色々な人とふれあい、様々な価値観を経験すれば毒親の存在に悩むことは少なくなるでしょう。

しかし、最終的に大事なのは根本的に毒親と決別することです。自分の心の底からDMC(家庭内洗脳)された性格を乗り越え、毒親と対決できるぐらいにならないと解決したとは言えません。子供が何もせずに自然にコントロールが無くなることはあり得ず、極論を言えば親が亡くなっても親にコントロールされた状態は続き得ます。

それは自分の心に内面化した親が自分の頭に指示を出すのです。毒親は時空を超えて子供をコントロールすることができます。それを思えば、物理的な距離など気休めに等しいので、出来るうちに自分自身が成長する必要があるのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク