ギャンブルに費やすお金と時間はただの浪費 衝撃の数字が!さらに…

スポンサーリンク
このブログの登場人物に関する説明はこちら! ブログの説明・自己紹介

お金の浪費と時間の浪費

パチンコやスロットは時間消費型の娯楽と言えます。

遊戯が一通り終わるまでにそれなりの時間を要し、消費する金額はその時間に比例します。

競馬のように一レースに賭けるようなものではありませんね。

パチンコやスロットって、消費する時間に対して動く金額が小さいんですよ。

仮に一日中パチンコを打とうが、スロットを打とうがどんなに大負けしても30万円は無くならないですよね?

30万円は生活感覚からすると大金ですが、ギャンブルをする者にとってはそうでなかったりします。

一瞬で多額のお金を動かせる競馬、株式、FXなどと比べたら、パチンコやパチスロなどまさに遊戯でしょう(パチスロの正式名称は回胴式遊技機)。

しかし遊んで楽しいからといって負け続けてもずっとやめないのであれば、多額のお金が無くなってしまいます。

一日一万円ずつ負けていったって一年で365万円ですからね。

収支表をつけていない人は結構恐ろしいことになっている可能性がありますよ。

 

金銭的な意味での損失も恐ろしいですが、お金と同じくらい無駄に無くしていっているのが時間です。

若い人ほど時間の無駄はあまり考えないようですが、これがとんでもなく大きな問題なのですよ。

考えてもみてください、自分の一生が例えば80年だったとします。

この時間は増やしはできないのです。

時は金なりといいますが、金では買えないのでそういう意味ではプライスレスです。

その有限な時間を遊技機にどんどん奪われていっているのがギャンブラーの実態です。

予備校時代にギャンブルで受験失敗、大学時代にギャンブルで留年後中退、会社員時代にスキルを身につけずにギャンブル、結婚後に妻子を放置してギャンブル、老後の貴重な時間で寂しくギャンブルなど、人生を無駄にする例はたくさんあります。

お金の浪費の影響はわかりやすい

お金の浪費の問題はとても深刻なものです。

一日に何万円もギャンブルに使うような人が、食費に困っていたりします。

お刺身を食べたくても、ギャンブルに使ってしまうからそれすら買えないのです。

ギャンブルをしなければ食べられるのに、退屈で死んじゃうなどと言ってやめられないんですね。

 

貯金は300万円あったって安泰ではないのに、借金は300万円あれば破滅が見えます。

300万円も借金があったら月5万くらいは利息がつきますしね。

それに、お金が無くて借りているくらいなのに、返すことなどできないのが普通でしょう。

きれいごとを抜きにすればそれが実態ですよ。

時間の浪費をしている最中はそれに気付かない

時間の浪費はお金のそれに比べると切迫はしていませんが、遅効性の毒のようなものです。

気がついたら取り返しがつかないくらい貴重な時代を無駄にしていたりするんですね。

その時代に夢中になっていたことがギャンブルであれば、それは確実に時間をギャンブルに奪われています。

例えば、十年間で一番夢中になったのがギャンブルなのであれば、その人はギャンブルしかしていないのと同義です。

 

他のこともやっているでしょ、って思うでしょう?

でも身が入っていないものはその人にとって無いのと同じなんですよね。

例えば、ギャンブルで負けて早く帰って来たからその後の時間は家族サービスに費やしたとします。

でもこれはその人の本意ではないんですよね。

その人は調子良くずっとギャンブルをしていたかったわけだから。

 

第二志望にされた家族の側の気持ちも嫌なもんでしょう。

ギャンブルのほうを自分より優先したわけですから。

 

結局そのギャンブラーは、ギャンブルに気持ちを向けた時点でそれ以外の選択肢を消去したことになるんですよ。

結果自分の時間は消え去り、だけど周りは時間が流れているという、時の流れに置き去りにされるようなことになります。

時間は浪費している間は無価値なものに感じますが、立ち直って充実した日々になってくると突然貴重なものに思えてきます。

そして失った時間を振り返ってももう戻ってはこないのです。

 

浪費したお金と時間

30代半ばの知人(20歳頃からギャンブルを始めた)に、今まで浪費したお金と時間を概算してもらいました。

もっとも記録していたわけではないのでズレはあるかもしれません。

算出方法は省略します。

 

お金

大学生:120万円
社会人(約10年):670万円
FXでの損失:400万円

計:1190万円

時間

大学生:8500時間
社会人:8550時間

計:17050時間(24時間で割ると約710日)

 

この結果に、本人は大きなショックを受けていました。

こうやって見ると、やはり時間の損失のほうが遥かに大きいですね。

この時間を有効に使えば何かのプロになれると思います。

 

家族からもあきらめられたギャンブル依存からの回復

最後に、ギャンブルに熱中する人はお金と時間を無駄に浪費する以外に、人間関係において大きなマイナスが発生します。

ギャンブラーとしての日常と、健全な日常生活は両立し得ないんですね。

 

ここでギャンブル依存症の人が家族からどう見られているかをご紹介しましょう。

以下の文章はギャンブル依存症の人の親によるものです。

家族にギャンブル依存症の人がいる方、身のまわりの物が無くなったり、お金が無くなったりはしていませんか?

ギャンブル依存症になると頭ではいけないとわかっていてもコントロールができなくなるんでしょうね。

お金や物を借りるような感覚で持っていかれてしまいます。

ギャンブラーはギャンブルをせずに耐えることができないから、後先考えずに拝借するんですね。

 

しかしギャンブルなんかで稼ごうなんて、甘いことです。

すぐに全部無くなってしまって言い訳してくるんですよ。

自分が悪いとは思ってないのでしょうね。

 

でもそれで理屈が通るわけがありませんよね!

私はもう子供を信用することができません。

だから、どんなことがあっても最初からお金を持たせません。

人を信用しないというのは辛いですが、ギャンブル依存症の人にお金を任せるのは泥棒の手伝いをするようなものです。

ギャンブル依存症の人はお金についての思考が信用ならない状態にあるので、無駄に信用しないようにしてください。

 

あと家の中の見つかりそうなところにお金を置かないこと。

家族が留守のときに家中を探してお金を見つけられてしまいます。

貴重品や、換金できるものは見つかるところには置かないようにしましょう。

また、寝ているときや、風呂に入っている時も信用できないので鍵をかけて管理するか、肌身離さないようにしましょう。

 

とにかく信用するより先に、悪事を働かせないことを優先して考えてください。

無いものはとれないのですから。

 

もはや家族のことを盗人を見るような目でしか見られない状況になっていますね。

ギャンブルを優先してしまう人というのは、大なり小なり人との関係にひびが入っているのはほぼ間違いないでしょう。

このように、ギャンブルは関わり方を間違えるとお金や時間だけでなく、人生の全てを破壊してしまう可能性を秘めているのです。

情報提供のお願い
メンタルチアでは皆様からの心の悩みに関する体験記や、メンタルクリニックに関する口コミ情報を募集しております!メンタルクリニックについては無料で宣伝を行うこともできます。書いてくださる方は、メール画像を押してご投稿お願いします。当ブログにてご紹介させていただきます。
ギャンブル依存症
スポンサーリンク
シェアする
silverをフォローする
メンタルチア ~Mental cheer~

コメント