ギャンブルに費やしたお金と時間は人生の大きな無駄 衝撃の数字が

スポンサーリンク
ギャンブル依存症

お金の浪費と時間の浪費

パチンコやスロットは時間消費型の娯楽と言えます。

遊戯が一通り終わるまでにそれなりの時間を要し、消費する金額はその時間に比例します。

競馬のように一レースに賭けるようなものではありませんね。

パチンコやスロットって、消費する時間に対して動く金額が小さいんですよ。

仮に一日中4円パチンコを打とうが、20円スロットを打とうがどんなに大負けしても30万円は無くならないですよね?

30万円は生活感覚からすると大金ですが、ギャンブルをする者にとってはそうでなかったりします。

一瞬で多額のお金を動かせる競馬、株式、FXなどと比べたら、パチンコやパチスロなどまさに遊戯でしょう(パチスロの正式名称は回胴式遊技機)。

しかし遊んで楽しいからといって負け続けてもずっとやめないのであれば、多額のお金が無くなってしまいます。

一日一万円ずつ負けていったって一年で365万円ですからね。

収支表をつけていない人は結構恐ろしいことになっている可能性がありますよ。

 

金銭的な意味での損失も恐ろしいですが、お金と同じくらい無駄に無くしていっているのが時間です。

若い人ほど時間の無駄はあまり考えないようですが、これがとんでもなく大きな問題なのですよ。

考えてもみてください、自分の一生が例えば80年だったとします。

この時間は増やしはできないのです。

時は金なりといいますが、金では買えないのでそういう意味ではプライスレスです。

その有限な時間を遊技機にどんどん奪われていっているのがギャンブラーの実態です。

予備校時代にギャンブルで受験失敗、大学時代にギャンブルで留年後中退、会社員時代にスキルを身につけずにギャンブル、結婚後に妻子を放置してギャンブル、老後の貴重な時間で寂しくギャンブルなど、人生を無駄にする例はたくさんあります。

私がギャンブル依存症になっていき破滅するまでの過程(長文です)
幼少期 依存症になる人、ならない人 私は主に過干渉の母によってアダルトチルドレン化したと思っていますが、他にも問題になることがあって、私は楽なほうに流れ、快楽に逆らえないという性格をしています。 物事に夢中になり、やめることができ...

お金の浪費の影響はわかりやすい

お金の浪費の問題はとても深刻なものです。

一日に何万円もギャンブルに使うような人が、食費に困っていたりします。

お刺身を食べたくても、ギャンブルに使ってしまうからそれすら買えないのです。

ギャンブルをしなければ食べられるのに、退屈で死んじゃうなどと言ってやめられないんですね。

 

貯金は300万円あったって安泰ではないのに、借金は300万円あれば破滅が見えます。

300万円も借金があったら月5万くらいは利息がつきますしね。

それに、お金が無くて借りているくらいなのに、返すことなどできないのが普通でしょう。

きれいごとを抜きにすればそれが実態ですよ。

 

借金というのは本当に地獄です。

私は二度と金融業者から借金しないつもりですからね。

ローンはもちろん、クレジット払いなんかも嫌なくらいです。

自分がお金のコントロールができない人間だとわかってしまったので、それは受け入れようと思っています。

いつか成長するだろうとか安易に思わないようにしています。

時間の浪費をしている最中はそれに気付かない

時間の浪費はお金のそれに比べると切迫はしていませんが、遅効性の毒のようなものです。

気がついたら取り返しがつかないくらい貴重な時代を無駄にしていたりするんですね。

その時代に夢中になっていたことがギャンブルであれば、それは確実に時間をギャンブルに奪われています。

例えば、十年間で一番夢中になったのがギャンブルなのであれば、その人はギャンブルしかしていないのと同義です。

 

他のこともやっているでしょ、って思うでしょう?

でも身が入っていないものはその人にとって無いのと同じなんですよね。

例えば、ギャンブルで負けて早く帰って来たからその後の時間は家族サービスに費やしたとします。

でもこれはその人の本意ではないんですよね。

その人は調子良くずっとギャンブルをしていたかったわけだから。

まあこれは私のことですが。

第二志望にされた家族の側の気持ちも嫌なもんでしょう。

ギャンブルのほうを自分より優先したわけですから。

ギャンブラー目線で見る、ギャンブル依存症の家族が気をつけること
ギャンブル依存症本人だからこそわかります 家族にギャンブル依存症の人が居る方は、どのように接しているでしょうか? ギャンブルが好きなだけで、金銭的な問題や生活に支障がない人だったらその人の自由で済ませてもいいと思います。 だけ...

結局そのギャンブラー(私)は、ギャンブルに気持ちを向けた時点でそれ以外の選択肢を消去したことになります。

結果自分の時間は消え去り、だけど周りは時間が流れているという、時の流れに置き去りにされるようなことになります。

時間は浪費している間は無価値なものに感じますが、立ち直って充実した日々になってくると突然貴重なものに思えてきます。

そして失った時間を振り返ってももう戻ってはこないのです。

私が浪費したお金と時間

私がギャンブルを始めて今までどれぐらいのお金を失ったかを計算してみました。

もっとも記録していたわけではないので大きくズレがあるかもしれません。

でも私自身はこの数字を見ても驚きません。

多大な損失を出したことはわかっているからです。

なお算出方法は省略します。

お金

大学生:120万円
社会人(約10年):670万円
FXでの損失:400万円

計:1190万円

時間

大学生:8500時間
社会人:8550時間

計:17050時間(24時間で割ると約710日)

こうやって見ると、やはり時間の損失のほうが遥かに大きいと思います。

この時間を有効に使えば何かのプロになれていたと思います。

まあ楽しんだ面もあるのですがギャンブルって本当に何も後に残らないんですよね。

時間のことについては真摯に受け止めないと、無駄に一生が終わることになると思います。

再びギャンブラーズアノニマスに通い始めました
ギャンブル依存症からの回復を目的とした自助グループ「ギャンブラーズアノニマス」に通う男の記録です。ギャンブルをやめて十日目の心境や考えなど。

コメント