毒親育ちの大きな特徴は「他力本願」

スポンサーリンク
毒親

毒親育ちの子は自分の力で何かを成し遂げるという経験が少ないですから、自然と自分以外の何かにすがることが多くなります。

「チャレンジ」という機会を奪われてきた身ですからね。

自分で何かをしようなどということは空々しい気持ち以外の何物でもありません。

親も子も待ちぼうけの阿呆

「誰かが何とかしてくれる」それが毒親及び毒親育ちの世界観です。

毒親は子供をつかって自分が幸せになろうとします。

子供は…そんな親の様子を無意識に学習してしまっています。

親の価値観から脱却しないと親みたいな感覚になる

親も子も自分から努力など決してしません。

そこに大きな見返りが保障されていればようやく行動します。

しかし、どう行動するかは自分では考えません。

何かお手本を見つけて馬鹿の一つ覚えのようにそれを真似するばかりです。

毒親は子供の語彙を育てず、発想を乏しくさせる

真に賢い人は自分の頭で考えて行動するでしょう。

でも、毒親やアダルトチルドレンはそれをしません。

いえ、できません。

問題に対する特効薬や魔法がどこかにあると信じてそれを探すだけです。

待てども待てども幸せがやってこない。

それは当たり前のことです。

ただ待っているだけなんて、阿呆の所業だからです。

受け身すぎて結婚生活がうまくいかない

過保護タイプの毒親の手によって、食事、着替え、風呂など生活のあらゆる場面で何でもしてもらってきた私。

そんな私は他人のために何かをするという経験がほとんどありませんでした。

だから結婚してからも家事、掃除、炊事、洗濯など何一つやる気が起きません。

全てを妻にさせています。

 

もちろん何でこんなにやる気が起きないんだろう、とか情けなさとかを感じることは多いです。

でも、人からしてもらうのが当然という感覚が全く抜けないのです。

 

妻からよく皮肉を言われたりします。

それが嫌でたまに料理をしようとするのですが、まあ見事に全く何もできません。

できることと言えば米をとぐことぐらいでしょうか。

 

他にも掃除、洗濯、日曜大工をしようものなら見事に変なやり方をしてしまい失敗します。

真剣なつもりでも真剣になりきれないのです。

で、何で自分がこんなことをしなければならないのかと怒り出します。

言い出したのは自分なのに。

結局、何もできないことを理由に妻に全てをさせているのが現状です。

生活の全てを他人任せ

引越しの計画、外出の予定、スケジュール調整など頭を使うことは何でも人に予定を組ませます。

このときの言い訳はやはり「自分がやると失敗するから」です。

実際に私がやると失敗するのでタチが悪いです。

 

大事な作業や、ややこしいことも全て他人に任せようとします。

「自分からの要望は無いから好きにやって」と言って任せます。

ほとんどのことは自分にとってどうでもいいことなので、特にこだわりの無いことは全部人任せにするのです。

もっともこれは私の認識で、妻に言わせれば「させるだけさせておいて後からぼろくそに文句を言う」のだそうです。

 

他力本願なのは親も親です。

大学生の頃に私の人生がおかしくなり始めたとき、母親は私をお祓いに連れていきました。

神頼みで人の人生を好転させようとするなんて、すごく馬鹿らしいじゃないですか。

でもそれしかできないのです。

メンタルをじわじわやられていくアダルトチルドレン大学生の憂鬱

自力で何とかしたくても思考停止していることがよくあります。

少し考えたらわかるようなことが考えられません。

身を滅ぼすレベルで何も考えていないのです。

困ったことに、重要なときほど頭が働かなくなります。

本当は自力で生きたい

他力本願という一見横着な姿勢は、無力な自分が生きていくために編み出した技なのかもしれません。

そうせざるを得なかった時期も確かにあると思います。

ですが、それで他人に迷惑をかけ、自分の価値を下げている状況は看過してはいけないと思います。

甘えている状況に身を置きたくはないのです。

そして、やはり自分の力で進んでいきたいという気持ちも大きいです。

なかなかすぐにはそうなれませんが、少しでも自分が前に出られるヒントを見つけようと日々頑張っています。

コメント