無意識に支配―被支配の関係を再現しようとするアダルトチルドレン

スポンサーリンク
アダルトチルドレン

他人とビジネスライクな関係は作ることができても、人間性を絡めた交流をしようとすると対等な関係が作れなくなってしまうってことありませんか?

言い方が難しいのですが、他人との距離が測れないというか、フラットな感覚で人と接することが難しく、一方がもう一方に従属している関係を作ろうとしてしまうという感じなのです。

私のことなのですが、多くの人が居る前では他人に合わせて適切な振る舞いができます。

でも、一対一になると急に距離を詰めて相手を振り回すようなことを言ったり、もしくは不必要に相手を崇めてしまったりするんです。

 

あなたの周りに、何か二人っきりになりたくないなぁという人が居たら、恐らくそういう種類の人だと思います。

私はこういう良くないコミュニケーションをとることは卒業できたと思っていたのですが、この間私の人間性が原因で仕事で大きな失敗をしてしまったので反省して振り返っています。

愛を得るためなら何でもする愛情飢餓

普通、人って自分にとって価値があるか無いか、リスクがあるか無いかなどを判断し、メリットとデメリットの両方を天秤にかけて行動すると思うんです。

価値があることでも、それをするために大きなリスクが伴うのでは普通やらないですよね。

しかしその辺の感覚が壊れているのが、誰かに気に入られるためにその他の事情を無視してしまうような人です。

 

見捨てられ不安がある私のような人は、文字通り人に見捨てられないように必死なのです。

誰かを喜ばせるためなら何でもします。

人を満足させることを考えている間は規範意識が薄くなり、見境が無くなります。

結果、普段ならやってはいけないとわかっているようなことでも、盲目になってしまったことによって実行してしまいます。

 

そこまでして人に尽くしても、そうしない場合と比べて殆ど結果に差が出ないはずなのに、ついやっちゃうんですよね。

まるで誰かの役に立たなければ生きていてはいけないと思い込んでいるようではありませんか。

これって機能不全家族で育っているときの風景と全く一緒なんですよね。

毒親は金が大事!子供の教育にお金をかける理由
毒親はお金しか信じられない 世の中で生きていくにはお金が必要なのは言うまでもないですが、大事なのは何もお金だけではありません。 何かに生きる意味を見出せれば、また人との繋がりを重視するのであればお金だけが大事という風にはならないはず...
毒親は否定と強制で子供の人生を潰す
親の幸せが子供の幸せ 毒親は自分の気持ちしか認識することができず、子供に気持ちがあるとは考えません。 子供を一人の人間だと考えることができず、まさか子供が自分と違うことを考えたり、感じたりしているとは思いません。 親の幸せが子...

居場所を得るために頑張らなければいけなかった幼少期

母の愛を得ようと必死だった幼少期。

私が人から好かれるためには人の倍努力しないといけないと学んでしまった過去。

誰かから1のものをもらうには、2も3もこちらから差し出さなければならないという価値観になってしまいました。

嘆願するように人に愛してくれるようお願いする私は、人の目から見てずいぶん奇異に映っているでしょう。

対等な関係というものがもはや信じられなくなってしまったんです。

 

でも、見境無く人に色んなものを差し出す私は感謝されるどころか非難されるべき人のようです。

きちんとした理由が無いのにギブアンドテイクのギブの部分にだけ力を入れる人は、組織人としては上手くやっていけないんです。

マニュアルがあってもそれに従うことができず、焦れば焦るほど逸脱した奉仕の精神で動いてしまっていて、しっかりしろよと後から自責の念が沸いてきます。

自己のコントロールが思ったより全然出来ていなかったので自分に幻滅している数日間です。

コメント