毒親からの100万円の借金を一括で返済したのは自由を獲得するため

スポンサーリンク
毒親

毒親に借りを作ってはいけない

つい最近親から借りていたお金を全額返済しました。

身も心もスッキリしています。

家計から返済させてくれた妻に感謝するとともに、毒親に借りを作ると何一ついいことはないということも痛感しました。

 

数年前まで、浪費癖がひどかった私はサラ金から借金しまくって立て替えてもらうということを繰り返していました。

また、小遣いをせびりにちょくちょく実家に立ち寄っていました。

その当時はお金がもらえてラッキー、というぐらいに思っていて、この習慣が私の自立を妨げると同時に、毒親に弱みを握らせる原因になるということにまで頭が回りませんでした。

 

生まれたときから毒親の考えを吸収して育つ子

借金額は100万円ほど。

世間における借金は完全に借りた側の自己責任で、返済することが債務者の義務ですが、家庭内での借金となれば、事情は変わってくると思います。

親の責任も関係してくるからです。

・常識を教える前に簡単にお金を与え、子供をダメにする親

・お金で何でも解決できると思っている親

・密かに子供が失敗することを望んでいる親

このような親のもとで育つと、自制がきかず、欲望のままに生き、後先を考えないような人間に育ちます。

私は他人に迷惑をかけまくるクズのような人間でしたが、これは私の責任ではなく、親がそのように育てたからだと考えます。

もちろん、そのような状態から更生してまともな人間になることは親ではなく本人の義務なのですが。

毒の中で生まれた子は毒との付き合い方しか知らない
子供みたいな母の子育ては子をダメにする!親の精神的ネグレクト

少し成長した私

しょうもない馬鹿息子にお金をポンポン出す親も馬鹿ですが、当の本人の私は相当の馬鹿でした。

お金など借りても返す気は最初からなく、もらえてラッキーと思っていました。

実の親からだし、借用書なども無いから返済義務は無いと思っていました。

しかし、このような思考をしている私は親と思考回路が繋がり、私自身も毒化していっているのでした。

しかし、目先のお金が命の次ぐらいに大切だった私には、そのようなことなどどうでもいいことでした。

金銭的、物質的なことにしか目が向かなかったのです。

でも、人と自分の関係や、お金との関わり方、精神のレベルが自分の人生を左右することを知ってからは、お金には換えられない価値があると思うようになりました。

 

今回、借金を実際に返そうと思えたのはそういう心境の変化が大きいです。

以前の私なら100万円ものお金が出ていくことはそれだけのマイナスな出来事だと考えていたことでしょう。

今回100万円を返したことで家計はとても苦しくなりましたが、それだけ支払ってでも返上しなければならない毒があり、取り戻さなければならない自分があったと思います。

 

解放されて初めて実感できる自由な自分

家庭内での借金でできる関係は債権者と債務者の関係ではありません。

生まれてからの貸し手と借り手の関係全てがそこに凝縮されています。

返済を終えた今だからこそ堂々と言えますが、親が子に借金を背負わせたようなものです。

借金をすることの本当の意味もわからない馬鹿息子は、随分長く苦しみました。

しかし、毒親と私を結びつける”何か”がフッと消えた今、また一つ自由になれた私を感じます。

自由になりましょう
毒親
スポンサーリンク
シェアする
silverをフォローする
毒親、AC、ギャンブル依存症、そして精神的困難と闘う

コメント