現役塾長が語る、子供に無理のない中学受験をさせるには

スポンサーリンク
教育

子供が居て中学受験を考えている方へ

中学受験塾にもさまざまなタイプのものがありますが、学習塾によっては運営面を最優先するために生徒一人一人にまで手が行き届いていないことも有り得ます。

集団指導をメインとする塾の場合は構造上、生徒のかゆいところにまで手を届かせることが難しくなります。

また、生徒を成績順に並べることで競争意識を煽る中学受験塾もあります。

そんな中で置いてきぼりにされてしまい、勉強にどう取り組んでいけばよいかわからなくなったり、やる気が出なくなったり、更には勉強が嫌いになったり…

そんな風になった生徒がよその塾から移ってくることがあります。

私はかわいそうと思うと共に、自塾の生徒たちにはそんな風になってもらいたくないと思っています。

 

今回のテーマは「無理のない中学受験」です。

中学受験は塾での指導も大切ですが、家庭の受験に対するスタンスも重要なんです。

日頃子供が一番密接に関わるのが家族ですからね。

その家族がどういう関わり方をするかで子供のメンタルは大きく左右されます。

その辺も含めてお話していきますね。

親と子の受験

中学受験というのは子供の意思で行うというよりもどちらかと言うと親が計画して子供とチャレンジしていくものです。

子供の人生の早い時期から将来を見据えた人生設計をしておくことは人生にとって大きなプラスになるでしょう。

 

私が教えてきた卒業生を見てもその後の学校生活が上手くいっている子は多いです。

私自身中学受験をし、入学した周りの同級生を見ても国公立大学の医学部医学科に合格するような優秀な生徒は多かったです。

 

東京大学や京都大学などの旧帝大や医学部医学科への合格については、公立中学へ進んだ子が目指すのは、中学受験を成功させた子と比べて不利と言えるでしょう。

それは中学受験をした子は小さな頃から学習習慣を身につけているということもあり、高校受験から本気で勉強するのではハードルが上がるからです。

何より、小さな頃から勉強をしてきた子ばかりが通う中学・高校はクラスの雰囲気が勉強をするのに最も適したものになっています。

勉強をするためには環境も重要なのです。

成功パターンと失敗パターン

成功パターン

人はレベルの高い集団に属していれば自分もそれに合わせた努力ができるようになっています。

自分の自発的な意思が強くなくても周りに引っ張られるかのように頑張るのです。

これが良いように作用すれば中学受験は成功します。

 

最初は自分の意思で勉強していなくても、途中から自分なりに目標を持ったりして頑張り始めます。

一度そうなった子供は順調にいけば大人になるまでその調子で進んでいけるでしょう。

これは成功パターンです。

 

逆に失敗パターンもあります。

失敗の原因は塾の場合もあれば家庭の場合もあるのですが、無理が生じると子供はその後の人生をまっすぐ歩めなくなります。

 

失敗パターン:塾が原因の場合

先ほど、人はレベルの高い集団に属していれば自分もそれに合わせた努力ができる、と書きましたがこの原理を悪用する塾は多いです。

まあ意識的にやっているとまでは言いませんが。

 

どういうことかと言うと、この原理に期待した親が子供を塾に入れても、塾はトップ層に合わせた指導を行うのでそれ以外の層の子供は適切な指導が受けられないのです。

学習塾も商売、どこの学校に何名合格させたかが重要です。

ですのでとにかく生徒をあちこちからかき集め、トップ層を手厚く保護して合格させるのです。

ですから、一部のトップ層と同じ環境に居るから大丈夫、と安心するのは大きな間違いです。

 

この方式ではトップ集団はいいですが、二番手、三番手の集団は大変です。

学力に見合った目標を定めるのではなく、トップ集団と同じハードな内容をこなすのですから。

トップ集団に居る生徒も成績が下降するとクラスから転落しますから気が抜けません。

 

そう、子供なのに全力で他の子供と競争させられているのです。

とてもではないですが余裕は持てません。

そもそも開成中や灘中などトップの私立中学に合格できるような子供はどこの塾に居ても同じ成果を出せますから、その塾でなくても別にいいのです。

しかし、塾側は彼らを広告塔にして生徒を募集します。

これら偏差値志向の学習塾では一部の難関校にのみ合格する価値がありますから、それ以外の学校に向けた指導はきちんとはしてくれません。

 

そのような価値観の塾に通った子供はどう思うでしょうか。

それなりの努力をして志望校に合格しても何か、自分が主役にはなれなかったような寂しさが残るのではないでしょうか。

現在の私立中学を見ますとどの学校も非常に教育熱心で、各校特色豊かです。

そのように努力しないと今や、志願者が来ないという事情もあるようです。

もう大学への合格実績だけで中学校を選ぶ時代ではないと私は感じます。

仮に難関大学に合格しても、将来が安泰である保証は何一つ無い時代ですので、本当に子供に合った学校を選んでほしいと思います。

 

そういった意味で、学校見学なども積極的に行ったりしてよく家庭で考えてもらい、あまり塾側の甘い言葉に乗せられないようにしてほしいと思います。

塾によっては売り上げのために過剰に授業を受けさせるということもあり得るのですよ。

費用はかかり、子供には負担がかかるのでいいことはありませんね。

 

失敗パターン:家庭が原因の場合

まず始めに言っておくのは、中学校に合格イコール成功ではありません。

私は良い塾に通って中学受験をし、合格しました。

しかし、親が中学受験をさせようとした背景が良くなかったので、中学校には合格しましたがその後の勉強が続かなくなりました。

 

少なからず家庭内の雰囲気、生活習慣などによって、合格、不合格に関わらずその後に悪影響を及ぼす場合があります。

保護者面談などでは家庭のことには触れづらいので余程のことでないと口出ししませんが、色々と問題のあるケースが存在します。

わかりやすいものから言うと、子供の気持ちを無視し、理不尽に長時間の勉強させるようなパターンです。

勉強マシーンのようにさせられた子供は心身ともに疲れがたまり、健全な生活が送れなくなります。

 

また、勉強以外のことに関心がいかない人は魅力ある大人になれません。

これは勉強に全てを打ち込む人のことではなく、勉強に全てを奪われている人のことを言っています。

子供のうちは勉強だけでいいと親が思っていても、子供側からすれば大人になったからと言って都合よく変わることができず、不自由な思いをすることになります。

やはりある程度は子供のうちから色々経験させておいたほうがいいでしょう。

 

次に、子供は親の思う通りには育ちません

前もって子供の人生設計をしていても、それに沿った動きを子供はしてくれないものです。

偏差値の高い中学にやって、東京大学に合格させて将来は弁護士に…などと決めてしまうのはやめたほうが賢明です。

高すぎる目標を定めてしまえば子供の負担は想像以上のものになりますし、親のストレスも大きくなります。

親の役割はあくまでも子供に可能性を提示する、程度がちょうど良いです。

もちろん、中学受験を頑張ることや目標を持つことについてある程度働きかけることも必要にはなってきますが。

 

それから、子供は親の考えにとても敏感です。

親自身が良くない考えで子供に頑張らせていたら、子供はそれをすぐに感じて不満を抱きます。

意外と多いのが子供を頭ごなしに否定する親です

これは優秀な親御さんの場合に多いのですが、自分ができたことを子供ができないのが理解できないのです。

子供を理解しようとせずに自分の考えだけを押し付けていては、子供は前向きに頑張れません。

また、これは私の経験からなのですが将来高確率で子供から嫌われると思います。

そういった経験は蓄積し、思春期以降に爆発します。

 

言葉を選ばずに言いますが、独りよがりな親ほど子供の気持ちを押さえつけて無理やり勉強させます。

その場合子供は何も表には出しませんが、心の中はイライラしています。

本来子供は自由奔放なものですので、子供の心の声にも耳を傾けてあげましょう。

 

理想的な中学受験

最終的にはどの学校に行くか、より、どんな将来を迎えるかが大切です。

将来したいこと、それを実現するために勉強を目的でなく何かを成し遂げるための手段と考えるほうがよいでしょう。

高偏差値校に行っても、それが人生のピークだったという人も数多く居ます。

そうならないように心身ともに健康に過ごしていけるプランを練る必要があります。

無理をして高偏差値校を目指すよりは、偏差値を少し抑えたところで志望校を探したほうがよかったということは実際に多いんです。

無理して入学した中学校では周りが優秀な分自分が努力してもついていけないというのはありがちな話です。

一方で丁度良いレベルの中学校に入学して上位をキープして、大学受験に成功したという話もよくあります。

その辺り子供の性格も関係してくると思いますが、無理のない範囲で努力して行う中学受験は得るものがあると私は思います。

教育
スポンサーリンク
シェアする
silverをフォローする
メンタルチア ~毒親から逃れた男のブログ~

コメント