【中学受験】成績が伸びない原因は?問題の難易度は適切ですか?

スポンサーリンク
教育

模試の結果などでもう少しできてもいいのでは?というような子の場合、あるきっかけで飛躍的に成績が伸びることがあります。

彼らが成績が伸びない理由は精神面の問題や、勉強時間の不足などが考えられますが、今回は適切な難易度の問題に取り組むことの大切さについてお話したいと思います!

学習する内容が不適切だと学習効果は無いに等しい

習ったことをそこそこ要領よく吸収していき、基本の定着までは上手くいっているけど、なかなかそれを上手く使いこなせない子がいます。

問題文を読んで反射的に手を動かせるのが基本問題だとすれば、その先にある問題ではどの基本事項を使えばよいか考えることが必要になってきます。

時には問題文がややこしい書き方をしてあったりして、それを正確に読み取るために国語力もまた必要です。

それが不足していれば基本原理をよく理解しているのに試験では点がとれなかったり、複数の基本が複合する問題(算数では相似がたくさんある図形や、速さ+つるかめ算など)では手がつけられなかったりします。

 

でも、これは仕方ない側面もあります。

中学受験のカリキュラムは非常に進むのが速くて、応用まで含めてこれらをすぐに消化できる子なんて稀です。

毎回の授業で少しずつ消化不良が起こり、それが積み重なったところで頭の中が?でいっぱいになっていくのが普通です。

 

だからこそ、6年生になると新しいことを習うことが少なくなる塾が多いと思います。

6年生では5年生まで(中学受験のほぼ全ての内容)の復習にたっぷり時間を割き、その上で応用に取り組んだりするのです。

実質中学生の勉強を小学生の間にしてしまおうというのが中学受験の勉強ですが、それをまずは5年生までにほぼ一通りやり切るのです。

普通に考えてとてもハードですし、まず完璧にはできないからこそ6年生の過ごし方が大切になってきます。

 

この6年生のときに、何の学習に重きを置くかが重要です。

基礎の復習ばかりをすると試験でなかなか点が取れません。

また、基礎をおろそかにしてハイレベルなことばかり勉強していると理解できないばかりか、それに取り組んでいること自体に満足して終わってしまいます。

何を学習するのかをしっかり見定めないと、学習効果がないまま終わってしまうんです。

このことは保護者の方が判断するのは難しいことだと思います。

疑問があったら塾に直接聞くのが一番

塾のスタッフは多くの事例(生徒)を見てその子に何が不足しているか判断できます。

しかしそれが必ずしも指導に反映されるとは限りません。

塾としては大勢の生徒を見るため、一人の生徒について隅々まで口出しできないからです。

塾としてもこの子はもっとこうすればいいのに、などと思うのですが、それが伝えられるのはせいぜい保護者面談のときぐらいです。

生徒本人に言っても幼いためになかなか伝わりませんからね。

 

しかし、保護者のほうからどうすればいいか聞いてきた場合はお答えすることができます。

そのあたりやはり熱心な保護者のほうが有利になってきますね。

 

世間には「100%その子に合わせたカリキュラム」や、「生徒一人に全力を注ぐ」というようなことを謳い文句にしている学習塾が多く存在します。

確かにいいフレーズですが、実質はどうかよく考えてみてくださいね。

特に個別指導塾はアルバイト講師があくせく働き、指導記録は指導中の片手間に書き、それを教室長が見るか見ないかはわからないというのが実情です。

詐欺とまでは言いませんが学習塾の宣伝文句というのはかなり美化されていますからね。

言葉半分に捉えてもまだ過大評価だというのが私の見方です。

 

結局何が言いたいかというと、塾の本質を見ずに子供を預けっぱなしなのは危険だということです。

しっかりしていて安心して任せられる塾の場合はいいですが、そうでない場合もあります。

一番子供の様子を身近でしっかり見られるのが保護者だから、気をつけて見てあげてください。

具体的な勉強のことはわからないかもしれませんが、塾がその子に合ったことをしてくれているかどうかぐらいはわかると思います。

 

塾は学習相談のプロでもあるのでわからないことは遠慮なく聞くとよいです。

また、そこでどのような返答がもらえるかで塾の質もわかると思います。

集団指導の場合は一人一人に合った指導をすることはできませんが、それでも家でどのように過ごせばよいかなどはアドバイスすることができます。

積極的にコミュニケーションを求めていきましょう。

教育
スポンサーリンク
シェアする
silverをフォローする
メンタルチア ~毒親から逃れた男のブログ~

コメント