ニュース

沢尻エリカさんとMDMAの関係とは?俳優Kの正体とは…

沢尻エリカと俳優KとMDMAの関係とは

沢尻エリカさんが逮捕されました。

起訴か不起訴かが注目ラインとされていましたが起訴から数時間で保釈金を支払って保釈されるということになったと広く注目されています。

注目されているのは俳優Kという存在が何者なのか?ということですが俳優Kが何者なのかというのは正直何もわかっていない状態ですね。

1人逮捕されたからそこから芋づる式に逮捕されるだろうという話が出ていて、その中に夜友(夜に遊ぶ友達という意味)として俳優Kの名前が出ていますがこれはまだまだよくわからないことです。

またMDMAはどういう経路で手に入ったのでしょうか。

MDMAはそこまで危険な薬物ではない?

沢尻エリカさんはMDMAという薬物を使用したと言われています。

実はこれは現在合法化が検討されているもので、そこまで悪い薬ではないと言われています。

法律上、アヘンなどが合法な国など一つもありませんしこれから先、アヘンなどが合法になることなど無いだろうと予想されていますがMDMAは合法化が認められるかもしれないとされています。

「MDMAは優れた抗うつ剤である」という形で注目されていた薬なのです。

そういう意味ではしっかりとした臨床試験や研究の末、しかるべき人に処方して欲しいのでこうして入手して使うようなことはしてほしくないなと思います。

そういう意味ではひょっとしたら沢尻エリカさんは鬱だったのかもしれませんがまだそんなことはわからないですね。

さて、MDMA以外にも様々な薬物を使用してきたということが証言で出てきました。

それはその国では合法だったからという話も出ています。

確かに外国では合法になっているという薬物というのはいっぱいあります。

勿論アヘンのような世界中で合法扱いされているところなど一つもないような危険極まりないもののところもありますが合法扱いされているところもあるから大丈夫かな?という甘い誘惑に囁かれるということもあるのでしょう。

しかし、当然ながらおすすめできません。というか絶対に止めておくべきですよね。

薬に関しては医者に行ってしっかり処方箋を出して貰って飲んだほうが良いでしょう。

違法薬物、ダメ、ゼッタイ。

海外で合法でも日本では非合法な薬物

さて話を沢尻エリカさんに戻しますと一体どうしてこのようなことになってしまったのでしょうか?

私の推測まじりになってしまいますが、恐らく海外によく行く機会がありそこで「現地では合法」の薬物を少量使用したのだと思います。

現地では合法なものばかり使っていたから世界中全ての国で違法な覚せい剤の使用が一度も無かった。

ここで終わっておけば良かったのでしょうがなんらかの形で国内でも使用してしまったのでしょう。

話題の俳優Kが持ってきたのかどうかまでは不明ですが。

-ニュース

Copyright© 毎日がエブリデイ , 2020 All Rights Reserved.