秋野菜を食べて元気になろう!あの野菜の意外な健康効果とは?

スポンサーリンク
健康

久々の健康診断の結果は

私はこの間久しぶりに胃腸の具合が悪い関係で病院で採血をしまして、その数値の悪さに驚いたんです。

善玉コレステロールが少なくて悪玉コレステロールが多く、中性脂肪は300を超えていました。

善玉コレステロールが少ない→運動不足

悪玉コレステロールが悪い→食生活が偏っている

中性脂肪が多い→運動不足&食べすぎ

完全に生活習慣が乱れてるのが表れていますね。

まだそんなに年をとっているつもりは無いんですが、これじゃ完全に中年オジサンの血液です。

ちなみに、脂肪肝の疑いもあるというおまけつきです。

このままじゃ長生きできないよ!

 

ちなみに私が血液検査に行ったのは10年ぶりぐらいです。

やはり定期的に検診を受けておかないと恐ろしいことになっているかも知れませんから、皆さんも気をつけてくださいね!

 

血液をサラサラにするためにはしっかりと運動をして、食事制限をしないとなと思います。

しかし美味しいものも食べたい!

健康に気を遣いながら季節の食べ物も食べたいということで、今回は秋野菜についての情報です。

秋野菜の種類

秋は大根や人参のような根菜類や、イモ類、キノコ類がおいしい季節です。

それでは一つずつ説明していきます。

ナス

茄子は93%が水分、カロリーも控えめなので煮びたし・焼きナス・蒸しナスなどダイエット中には嬉しい野菜です。

ビタミンCやビタミンPが多く含まれ、血管をしなやかにし高血圧や血栓症の予防や改善に役立ちます。

更に皮の色素ナスニンがコレステロール値を下げ、動脈硬化を防いでくれます。

ダイコン

大根は95%が水分、ビタミンCや消化促進酵素が豊富です。

葉にはカロテン・カルシウム・食物繊維が豊富なので葉も捨てずに食べましょう。

大根サラダにすればよく噛むことで満腹感を得られてダイエット効果もありますよ。

ニンジン

人参はカロテンが豊富でビタミン類・カルシウム・鉄分・リンも含まれます。

ガン予防に効果的です。

食物繊維も豊富で便秘改善や、美肌効果もあります。

カロテンは皮の色の濃い部分に多く含まれるので、きれいに洗って皮ごと食べれば無駄なく栄養をとることができます。

サツマイモ

サツマイモの主成分はデンプンで、カロテン・ビタミンE・カリウム・カルシウム・マグネシウム・銅なども含まれます。

ビタミンCやセルロース、ヤラピンといった食物繊維も含まれ、便秘の解消や美容に効果的です。

サトイモ

きのこ類

キノコはボリュームがあって満腹感が得られる割には低カロリーなので、ダイエット食に向いています。

シイタケ

シイタケはコレステロールを取り除き、高血圧や動脈硬化、ガンを予防する働きがあります。

毎日食べることで生活習慣病を防ぐ効果があります。

干して食べることでビタミンDが10倍に増え、カルシウムの吸収を助ける働きがあり骨や歯を丈夫にしてくれます。

干すことで旨味がアップしますよ。

しめじ

しめじはカロリーが低くダイエット向きの食材です。

ビタミンB1・B2・B6・カリウム・食物繊維が豊富で、生活習慣病予防に役立ちます。

まいたけ

まいたけは多糖類のグルカンを含有し、免疫力を上げ、ガンに効くといわれています。

カロリーも控えめで食物繊維が豊富なので、ダイエットに最適。高血圧の予防にもなります。

マツタケ

あとは秋の味覚と言えばやっぱりマツタケですね!

マツタケにはビタミンB2、ビタミンC、ビタミンDが多く含まれています。

マツタケは独特の香りと旨味で食欲を引き出してくれます。

 

「食欲の秋」ですが食べすぎには注意して、秋野菜で健康になりましょう!

健康
スポンサーリンク
シェアする
silverをフォローする
メンタルチア ~毒親から逃れた男のブログ~

コメント