子供が絶対勝てない相手、それは毒親

子供が絶対勝てない相手、それは毒親

シェアする

毒親と子の争いはワンパターン

今回は私の思春期のときの話です。毒親にコントロールされた子もたまにはやり返します。例えば親の傲慢さに腹が立ったときなど、時には正論を言って親に抵抗します。子供は束の間親から解放され、少し自分を取り戻した気になります。

あとは親がどう出るか、を待つべき場面です。本来なら。謝ってくるか、それとも何か釈明をしてくるか。しかし毒親はその後大人しくしますそして、音沙汰が無く自分はやりすぎてしまったのではないかと心配になった子供は親の機嫌を伺いに行ってしまいます。

これは人の顔色を伺う習性がある毒親育ちの典型的な行動パターンです。親は今かとばかりに、「あなたなんかもう知りません。」などと、冷たく突き放します。このときの母は実に堂々としています。

そして、本当は親の顔色が気になる子供は罪悪感にとらわれ始めます。「自分の自由を侵されたから抵抗しただけなのに、それがいけなかった?」「母に見放されたら自分はもうお終いだ」と、心がグラグラ揺れ始め、母に抵抗した過ちを反省し母に謝ります。すると待ってましたとばかりに母はそんな子供を許すのです。

私の少年時代はそんな感じでした。

まるで無敵の毒母

自己を確立したい思いで主張したのに、思いは敗れて惨めさは倍になります。母は一体何を考えていたのか?私が楯突いたことをどう思っていたのか?大人になってわかりました。

それはずばり、私が楯突こうが正しさを主張しようが、母は何とも思っていませんでした。びくともせず、動じません。毒親にとって子供と争うことは勝率100%のぼろい勝負なのです。幼少期から丹精込めて自分に逆らえない人間を作り上げたので、その点は完璧です。子供が何かややこしいことを喚いてきても、全く取り合いません。

むしろ、毒親は「それ来た」とばかりに自分に反抗したことを罪と定め、心の中で子供を罰します。この、「好きなように罪状を発行できる」ことが毒親の特権です。

子供としては、震え上がる思いがします。何が罪に認定されるかはわかりません。親が気に入らないことを罪とするばかりか、親が子をコントロールするために何でもないことまで罪とすることもあります。

子供は毒母の心を満たすおもちゃとなる

人とやり取りしたことを家で話すと、私は母から素直な性格だとよく言われました。それは褒めている感じではありません。「あんたは素直な子だからなー・・・・」というのですが、声のトーンからは、

「素直だから世の中を渡っていくのに向いていない。素直だから皆から騙される。だから私はお前を世の中に送り出せないではないか。私だから面倒見るけどお前はどうしようもない奴だよ全く」と言われているようでした。素直であることが私の罪なのです。

これが仮に「素直」ではなく「優しい」や「気が利く」などでも難癖をつけるかのように罪に定められたでしょう。

おかげで私は自分に対して言われた通りの認識を持ち、自己肯定感は下がっていきました。母に迷惑をかけているんだという罪悪感まで感じました。私は母をそれ以上失望させないように考え、赦しを乞いました。私はまるで媚びるような態度で話し始めます。母は、そうやって私の意識を独り占めしたことで満たされると、ようやく私を赦しました。

素直であることを罪に定める理由は、私をコントロールしたいから、ただそれだけです。こんな理屈を超えた横暴が毒母には許されているのです。毒母は自分の子供に対してはこんなことができるのですから、子供を一生手放すつもりなど無いでしょう。

子供が自立することなど、喜ばしいことではないばかりか、自分への裏切りに他ならないと考えているはずです。本当に恐ろしい世界です。

スポンサーリンク