根本的に子供に無関心な実質ネグレクト毒親

スポンサーリンク
毒親

ストレス解消法にまでは口を出さない毒親

母は私の心を揺さぶってコントロールすることや、自分の関心のあること以外には全く関わろうとしませんでした。

例えば子供がお金をどのように使っているか、また、お金をどこから手に入れているのか、外で買い食いしていないか、などの監督は全くされず、私の好き放題でした。

 

こう書くと、何だ、自由に過ごせたんじゃないかと思われるかも知れませんが、まだ行動をコントロールできない子供だったので、行動がエスカレートしてゆくのが自分でも怖く、また、不快でした。

どこでストップをかけたらいいかわからないままひたすら遊び、腹に入る限界まで買い食いをしました。

自分が何を目的として遊び、食欲を満たしているのかもわかりません。

 

これは、今もそうです。

子供のうちはこういう不健全な欲求は親によって適切な方向に修正されるべきなのですが、何せその原因が家庭なのですから修正などできるはずもありません。

私がイライラして落書きをしたり、何かを傷つけたりすると、父親はよく「欲求不満か?」と言いました。

ええその通りです。(気付いてるんだったら何とかして)

パワハラモラハラ父を倒した日

父親は仕事が忙しく、子育てにあまり参加していませんでしたので、母が私と主に関わっていました。

しかし、母は何も言いませんでした。

母は、私の行動に気付いているのかいないのか、家庭内洗脳によるストレスを子供がどんな方法で解消しようと、どうでもいいようでした。

 

子に欲求不満が残るとコントロールするのに具合が悪いから、ストレスは解消しておいてくれたほうが毒親にとって都合がいいのでしょう。

私がギャンブル依存症になっていき破滅するまでの過程(長文です)
ギャンブル依存症の私がたった三千円のために警察沙汰を起こした話

体を育てるだけで人間性は育てない毒親

母は、大変太っていました。

ダイエットしなきゃといってはスイミングに行き、痩せるお茶を飲んで、その後ケーキを食べるような人です。

健康を心配しないといけないような体型なのですが、食欲には勝てないようです。

自己管理すらできない甘い親が、子供をコントロールすることをやめてまで子供の体や行動の心配をするでしょうか?

するはずがありませんね。

毒親にとってDMCは蜜の味です。

どんなものにも勝る快楽です。

 

子供が何のお金を使って買ったのかわからないような物を持っていたり、外で遊んで帰ってきたのに(買い食いをしているから)食欲が無くても毒親にとっては大したことではありません。

気になるから一応聞きはするけれど、つきとめようとまではしません。

小学校も高学年になり、塾通いを始めた私は週二、三回電車で通塾していました。

そこで私に起こった異変は…

・毎回のようにポテトチップなどのお菓子を食べていた私はみるみる太っていった

・ストレスで髪を抜いて禿ができた

・お金を落とした時の非常用に持たされた1000円をよくゲームセンターで使い果たした

などです。

いずれに対しても親からの語りかけはありませんでした。

3つ目に関しては、1000円を遊びに使っても、落としたと言えばそれで済みました。

カバンの内側にラップで巻いてガムテープで貼っていたので絶対にそんなことになるはずはないとわかりそうなものですが…

結果、適当なことを言えばお金が手に入ると、私は学んでしまいました。

 

塾に通ってから私は成績のことでは親からこれでもかとばかりに怒られました。

しかし、しつけのことに関して唯一怒ってくれたのは、親ではなく塾の先生です

塾をサボって必死にスロットマシンで遊んでいるところを見つかり、塾に連れていかれて怒鳴られました。

このときのことは今でもよく覚えています。

実の親がしてくれなかったことを赤の他人がしてくれたのでした。

ゲームセンターが今よりたくさんあった時代、あちこち探したかもしれない。

母親だったら探してくれたか?

もし探したとしても私をしつけるのでなく、「手間をかけさせるな」と怒るだけでしょう。

この先生には非常に世話になったこともあり、後々私も同じ道に進むことになりました。

それぐらい小さな頃の大人の影響力は大きいのです。

思い返せば本当にズボラな親だった

ズボラといえば不注意で見過ごしたようにも聞こえますが、実際は気付いていても無視していた可能性が高いでしょう。

そうでなければ、中学高校時、なぜゲームセンターに毎日行ってタバコ臭い服で帰ってくるのに何も言わないのか。

服を着ている本人でさえ臭いと思うのに、非喫煙者の母が気付かないわけはないはずなのに、です。

 

また、アパートの二階に住んでいたとき、家の窓際でタバコを吸って毎晩下にポイ捨てしていたときに下の住人から火事になる、と苦情がきました。

そのときに母から言われたことは、「あんたタバコの臭い嫌いだったんじゃないの?」とこれだけでした。

他人に迷惑をかけることについてはどうでもいいようです。

他に、アルバイトもしていないのにCDを数百枚所持していても何も言われませんでした。

(実際はパチスロで勝って手に入れていました)

1枚2、3000円の膨大な量のCDが部屋にあったらまずどこにそんなお金があるのか疑うのが普通だと思います。

毒親との関係は終わらない

例を挙げるとキリがありません。

とにかく社会に送り出すその日まで、私が人としてきちんとしているかということは問題にされませんでした。

親の定めた基準に沿っているか、つまり親の言うことを聞いているか、それだけが重要だったのです。

体は大人になっても、人としてはきちんと育たなかった私は大学卒業後に苦しむことになります。

しかし、それで毒親が苦しむことはありません。

自分以外の人の人生については常に他人事です。

そして、毒親のコントロールは終わりません。

将来のために必死に子供に勉強をさせる親から、社会で上手くいかない子供にダメ出しをする親へと姿を変えるだけで、コントロールはずっと続いていくのです。

コメント