毒親に家を餌に言うことを聞かされていたある意味で馬鹿息子の私

毒親に家を餌に言うことを聞かされていたある意味で馬鹿息子の私

シェアする

お金でコントロールしやすい子供を育てる毒親

昔から、「お前は○○家の長男なんだからしっかりして家を継げよ」「親の老後の面倒は見るんだぞ」「面倒見てもらってるんだから、親に感謝しろよ」などと、親に従順な子になるための英才教育を受けたおかげで親が無条件に偉いという世界観を持って育ちました。

私にハッパをかけるときは、「いずれは■■にある家(親の持ち家)はお前のものになるよ。親の面倒はしっかり見るんだぞ」

私が良くないことをしたときは、「もうそんなことではあの家はやらんぞ」などと、家をダシにして私をコントロールするのでした。それでも未成年のうちは家を手に入れるなどということにはまだ興味がなかったので「ハイハイ」と思っていました。

思えば心のやり取りも何もなく、富や財産だけが価値があるもので、それで人をひれ伏させることができると思っている下品な感性。我が家はこんな価値観がまかり通る独特の世界でした。

貧しさに対する防衛本能がすごい

時は流れ、親は定年退職し収入が激減したため私にお金がないアピールをしょっちゅうする日々に。(私は既に別居)65歳から年金25万ぐらいしかもらえないとかほざいているんですが、何のつもりだったんでしょうか。

私は当時派遣工で年収200万だったのですが、私の援助を期待していた模様です。さすがに私の収入を言ったら黙りましたけどね。退職金もたくさんもらっておいて、一体何の心配をしているのか。年金に期待ができない世代としては非常にうっとうしい思いでした。

あの頃の言葉は何だったのか

更に数年後、一等地にあった持ち家は売られていたことがわかりました。もう一軒ある家は、不動産に依頼して賃貸に出されていました。分不相応な値段設定だったのですが借りてくれた人はいました。そして、その人が出て行ったら、何と微妙に値段を上げていました。それから契約者は現れませんでした。イケると思って欲を出したんでしょうね…アホくさ

また、結婚して数年が過ぎていた私達夫婦は、賃貸ではなく持ち家を購入する計画を立てていました。妻の結婚前からの貯金と妻の家からの少しの援助で持ち金は購入額の半分には達しました。そして残り半分はローンのつもりでしたが、借り入れは出来そうになかったので私の親に利子プラスでの借金をお願いしました。

しかし、断られました。

生きるのに困らないお金を持っておきながら、息子夫婦が困っていても一銭も援助をしない。貸しもしない。その昔、家をくれると言っていたことはとうの昔になかったことになっていたようです。

一時期その家を親から借りて住んだことがありましたが、完全に他人行儀でした。わざわざ契約書を発行して家賃を取るんですよ?親の面倒も見ない奴には何もあげる必要は無いし、他人のようなものだということでしょうか。

本当に、自分が稼いだお金は自分の気の済むように使って、使い切ってから死のうという風に見えます。子供の頃に聞かされた言葉は何だったのか、今では全てが幻です。

スポンサーリンク