毒母「今日は母の日です」

毒母「今日は母の日です」

シェアする

母からの怪メール

もうすぐ母の日ですね。この時期が近づくと思い出すことがあります。5年くらい前の5月中ごろ、母からメールが送られてきました。その頃は母からのメールがしょっちゅう送られてきて、適当に返事をしていた頃でした。

その内容は、

「おはようございます。今日は母の日です。」

これだけです。これってすごくないですか?

母が母の日ですなどと言うと気を遣わせること必至なのに言う神経が。しかも他に用件は書かれていないのですよ。何を言いたいのか考えれば考えるほど謎は深まります。

当時の私の反応は無気力なものだった

これに対する当時の私の反応は、正確には覚えていませんが、「はい、おはよう」ぐらいの当たりさわりのないものでした。母の日という言葉に対しては完全に無視しています。実際、私は母の日だから母に何かをしようという人ではありません。母からプレゼントを強制をされているわけでもありませんでした。

では、何も問題はないのか?

あります。このメールのようなことを言われても何も疑問に思わないことこそが意思を持って話を聞くことを放棄していることの表れです。母だから何を言わせてもいい、そう思わされていることが日常で支障を生みます。

母は、「なぜあんたは~しないんだ」「~したらいいのに」などと、私個人の大事な決定においてよく口を挟んでくることがありました。このようなときに私は自分でよく考えずに母の言いなりになっていたのです。

日頃からわけのわからないことを言う人(母)を受け入れていたことによって、大事なことと、そうでないことを判断することを放棄していたのです。

そして、ひたすら母の言動にばかり気を集中していました。これこそ、マインドコントロールです。社会に出て、こんなおかしな関係を作ることは普通だったらないはずです。

しかし、幼い頃からの毒親と子の力関係によって、母からの無茶苦茶な接触を受け容れざるを得なかったのです。子は親を選べないというのは、哀しいことです。

一人の人間としてこのメールを考えてみる

「母の日です」と言われても、はい、としか言えなかった私。当時の私の状態は、本当によく考えていなかったとしか言いようがありません。

例えば、勤務先の社長が、

「おはよう○○君。今日は社長の日です。」

などと話しかけてきたらどう思うでしょうか?怪訝に思いつつも萎縮して、日頃の感謝の言葉を述べることになるでしょう。後から影で笑い飛ばそうが、あれは冗談だったのだと思おうが、言われたその場で取れる反応は限られてくるはずです。「自分でそんなこと言わないで下さいよ」などとは言えるはずもありません。(明らかなジョークでない限り)

社長の日などは実際にあるかわかりませんが、とにかくこういうことを毒親はしているのです。では、一人の人としてはそのメールをどのように捉えればいいのか考えてみます。

常識的に考えるなら、

「おはようございます。今日は母の日です。私に感謝の言葉を述べなさい。

「おはようございます。今日は母の日です。私にプレゼントをしなさい。

ただの空気が読めない人のあいさつだと考えるなら、

「おはようございます。今日は母の日です。世間ではそういう日みたいですね。

「おはようございます。今日は母の日です。と、ただ言ってみたかっただけです。

好意的に解釈するなら、

「おはようございます。今日は母の日です。ふと母としてあなたと一緒に過ごした日々を思い出しました。

「おはようございます。今日は母の日です。いつまでも母としてあなたのことを影ながら見守っていますよ。

私の思考力ではこれが限界です。しかし、どれもしっくりきません。どんなに意味を考えても、何か単一のことを言おうとしているのではないと感じます。そして霧のように一帯にかかった、あまり言語化したくないような、おぞましい疑念。そんなものが私の頭の中にあります。

恐らく母はこういうことを言いたいのでしょう。

「おはようございます。今日は母の日です。本当は365日母の日ですが、今日は世間でも母の日なので特に強調します。今日も私にだけ心を向けていますか?私を否定する者の声に耳を傾けていませんか?あまり賢くなって私のことを疑ってはいけないから何も考えずに生きてくださいね。

しかし、私は耳を傾けない!何か用があるならはっきり言わないと聞かないことにしています。そして、「変なメールを送るな!」とも言わない。言っても意味がありませんからね。

やはり距離を置くのが一番です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク