負の歴史の一つ、拒食がまたやってきた

2018年6月19日アダルトチルドレン

初めていらっしゃった方はまずこちらの記事をお読みください。ブログの理念です。
自由になりましょう

スポンサーリンク

親にコントロールされた子供が使う対処法

毒親に精神の自由を制限された子はどこへ向かうか?

アディクション(依存症)に走る、自分の体を痛めつけるなど色々あります。

小学生以降、私は様々なことを体験してきました。

人一倍自由を望む気持ちが強く、気持ちを曲げることが苦手な私はストレスを
溜め込んで我慢することが苦手で、色々な方向へ行きました。

ここではその例を2つ挙げます。

ギャンブル依存症

アディクション人格になったのは、以前に書いたとおりです。

ゲーム、マージャン、パチンコ、スロット、その他のギャンブル。

ギャンブルに熱中しているときの自分こそが本当の私の姿だという幻想に
取り付かれてしまいました。

お仕着せの価値観に沿って生きていたら、何があってもつまらないことに
見えてしまいます。

そんな中でギャンブルをしているときの自分は実に生き生きしていました。

自分の肉体のコントロール

それから自分の体を痛めつけることですが、こう書くと語弊があります。

自分の人生をコントロールしようとした子供が自由にできることは自分の
体調の操作と、肉体の管理だけです。

中でも、拒食は毒親に対して堂々とできる抵抗になり得ます。

私は自分の意思でなくずっと食事が摂れなかった時期があります。

その頃の私は本当に気が狂いそうなくらいに全てにイライラしていました。

体調が悪いということを理由に親の意思(親の思うように育つこと)に背き、
食べずに自我を保っていました。

これはわざとなどではなく、当時はなぜ食べられないのか自分でもわからず
恐怖でたまりませんでした。

一ヶ月で15キロも体重が減ったのもあり、このまま死ぬのかと覚悟までしました。

 

その果てに救いがあった

結論を先に言うと、この症状は私が無意識に引き起こしたものだと思います。

親の言うことを聞いていれば幸せだった小学校低学年までとは違い、段々人生が
複雑になってきます。

私自身をもっと見つめたいのに、無神経な親によって無茶苦茶にされてしまう。

それに対する抵抗の策が拒食です。

当時は気付きませんでしたが、自分の肉体を極限状態に置くことによって
見えてくる世界は心地がよいものでした。

拒食によってやっと自分の人生を自分のペースに戻せたのです。

他にも思い返してみれば、カッターで自分を切ったり、火であぶったりと
自分を傷つけることによって生(せい)の感覚を得ていました。

そうでもしないと親にコントロールされてぼやけた意識になってしまうのです。

スポンサーリンク

拒食と過食の波

ところで、私は食べ物を際限なく食べ続け、食べ過ぎになるところがあります。

小学生の頃は隠れて間食を続け、肥満になりました。

家では肥満は問題にされませんでした。

 

ちなみに毒親の子が自由にできる欲求は、二つだけあるそうです。

それは、「食と性」です。

親が子をコントロールする際には子供が摂る食事の量や体型は問題にならない。

従って、食べることを制限する必要は無い。

性はある程度の年齢になってから目覚めるので親がコントロールする項目には
含まれていないということです。

これはDMC(家庭内洗脳)された子の特徴を語る上で外せない事柄だと思います。

DMCされた子供が親から許されていることは、何とも原始的なこの二つの事柄
だけです。

多様な文化が存在する現代でこれは、あまりに空しすぎることではありませんか。

 

私はあるときは際限なく食べ続け、あるときは食べることを拒否し続ける、そんな
波を作り出してしまいました。

これは勝手に起こるので私の意思ではコントロール不能です。
(もっとも、私の脳が無意識に行っていることではあるのですが)

食という行為に己自身の問題を投影した結果、このようになってしまいました。

起こるときはいきなり起こります

前置きが長くなってしまいましたが、その拒食の波がまたやってきてしまいました。

今の症状はまた独特で、食欲があるのに食べると気持ち悪くなります。

まるで食べた自分に罰を与えているようです。

妻と美味しい食事をしに行こうと話していたのに、これでは難しそうです。

妻が言うには、

「ゴールデンウィークを楽しむなよ。という親からのメッセージじゃないか?」

ということですが、実際ありそうなことです。

この症状、しばらく続いて体重が減った頃にまた食べすぎに戻ります。

本当に、体はどこも悪くないと思うのですがどうなっているんでしょうね?