岩月謙司氏の著書は真実に満ちている、ただし読むには忍耐力が必要

岩月謙司氏の著書は真実に満ちている、ただし読むには忍耐力が必要

シェアする

私の思考回路を見かねた妻

私の生活態度がひどく、結婚生活に支障をきたしていたため妻は私に読書を勧めてきました。当時私は毎日どんどんストレスを溜めていってどこかで必ず爆発し、妻に全てをぶつけてしまう状態でした。私は心から反省をしても数日後には同じことを繰り返してしまっていました。

何度も離婚寸前のところまでいきましたし、妻は本当に悩んでいたのでしょう。インターネットで様々な本を買い、私の内面を研究していました。そして、それらの本を読むように勧めてきたのです。

私はそのときは、「そうか、そんなに妻は真剣に悩んでいるんだ。」とは思いませんでした。むしろそのときの私は何だか頭がおかしい人のように扱われた気がして不愉快でした。しかしもう後が無かったので本を読むことにしました。

最初は表面をなぞるようにしか読めませんでした

書いてある内容は特に難しい言葉が使われているわけではないのに、理解するのに何度も読み返さなければなりませんでした。

「今、何て書いてあったんだろう。『母親は不幸だから我が子を愛することができない』だって?それはちょっと言いすぎじゃないか。なぜそんなことがわかるんだ?」といった具合です。

私が知っている一般的な家族像と真逆のことが書いてあるから意味を理解するのにも時間がかかるし、わかったところで自分の家がそれに当てはまるとは考えることができませんでした。

「こんな不幸な家庭もあるのかも知れない。だけど自分の家はこんなんじゃなかったな。だって母はあんなに優しかったじゃないか。」と他人事のようにしか最初は読めませんでした。それでもとにかく読み進めていきました。

変わらないと意味がない

いくつかの本を読み、書いてあった内容を妻に話したりしてもうトラブルを起こさないと約束しましたが、それでも私は約束を破ってしまいました。

あるとき妻は私に、「きちんと内容をよく読んで自分と比べてみて、自分を変えていかなければ意味がない。今度から読んだ感想を自分のことと合わせて話して。」といったことを言いました。

私は一度読んだ岩月謙司氏の「なぜ、母親は息子を「ダメ男」にしてしまうのか (講談社+α新書)」をもう一度よく読んでみることにしました。

自分がどうして今のような性格になったのかを過去の記憶を深く探ったり、本当に問題が無い家庭だったのか、など考えながら読んでいるととにかくページが進みません。1ページを読むのに30分ぐらいかかってしまうこともありました。過去を振り返りながら読んで、また振り返ってを繰り返すとそうなるのです。

コントロールを打ち破ることができた

内容を深く読むようになってから、ある症状が私に現れるようになりました。それは、読み出すととにかく眠くてしかたないのです。読む力が本の内容に負けて、先に進めないような状態になりました。

毒親の支配から逃れようとするだけでそのように頭が働かなくなってしまうのです。コントロールの解除などさせない!という毒親の意思が伝わってくるようです。本当に毒親のコントロール(この著書ではDMCといいます)は恐ろしいものです。

DMCはあまりに大がかりで、母親の持てる力を全てつぎこんだものなので、子の私がそれを否定するためには母親の巧妙なトリックを全て暴いていかなければなりませんでした。毒親関連の本は個人によって合う合わないがあるようで、私は論理的に淡々とアダルトチルドレンやその親の特徴を説明したものはしっくりきませんでした。

この岩月氏の本は、母親の心情がどのようなもので子供がそれに対してどのような感情を持つかのような親子の関係性を生々しくリアルに書いているので自分と重ねやすかったです。そのおかげで、少なからず見つかった母親のおかしな点を合わせるとつながりができていき、DMCの正体を理解することができました。それから私は妻との夫婦関係を少しずつ変えていくことができたのです。この本は今も私のバイブルです。

スポンサーリンク