結婚式で本当につまらなさそうにしていた両親

結婚式で本当につまらなさそうにしていた両親

シェアする

兄妹で違う毒をぶつけられていた

私には妹が居て、少し前に結婚しました。両親の毒親らしい振る舞いは、私より妹の方が直接被害を受けていました。直接言葉で駄目出しをするのです。

特に容姿に関してははっきりと文句を言っていました。体型や、身長に関することです。親のどこにそのようなことを言う資格があるのかという感じです。妹は長らく男性と縁が無かったと思います。

そのことをネタにして、「○○(妹の名前)はなかなか彼氏ができない。○○は多分一生独身だ。」などと親は言っていました。

私は、両親は妹が結婚することで自分達を超えていくのが嫌だったのではないかと思います。家庭内に一人叩かれ役が居ることによって、それ以外の人の地位が安泰するのです。これはいじめと同じ構図です。

馬鹿にされる役が妹だったとすると、私は名誉は与えられるものの、ただ操られるだけの役でした。だから私は思考がストップしてしまいましたが、妹はそんな私を盾にしながら自分のしたいことをしていったように見えます。

誰と結婚するかを極端に気にする

さて、妹の結婚相手は比較的経済力のある人でした。これを両親がどう思うか。前にもお話したように、毒親はお金が非常に大事です。自分の次に信じられるものはお金です。お金によって幸せが確保できるし、お金があることが力の証明にもなります。過去に母が持ち家を私にちらつかせて言うことを聞かせようとしたのもその表れです。

両親は、娘が自分たちより裕福になるのは素直に喜べないでしょう。普通の相手との結婚だったとしても素直に祝福はできず、何か茶化したようにしか祝えないのが目に浮かびます。

増してや、自分たちより「ステータス」の高い人と結婚するとなると、敗北感めいたものを感じているはずです。この辺りは私の結婚の際に言われたことも含めての推測です。

ぎこちない雰囲気の新婦側のテーブル

結婚式が終わり披露宴のとき、会場に行くと新郎側の方がたくさん人が来ていました。新郎側は付き合いも広く、明るい人が多いようです。新郎自身も多数の友人や同僚と仲が良いようでした。

妹も複数人友人を呼んでいましたが新郎側ほどの人数ではなかったです。それは良いのですが、問題は私達のテーブルで、私達夫婦と両親が居るテーブルはあまり祝福ムードではありませんでした。

両親が何も喋らないんです。

めでたい場なんだから相手の家との付き合いもあるし、楽しそうにすればよいのに、なぜか落ち込んだ雰囲気でした。こんなに居心地が悪い場所もあまりありません。なぜもっとわかりやすく祝ってあげられないのかと思います。

新郎側の両親と対照的

披露宴も終わりの方になって新郎側と新婦それぞれの両親が皆の前で挨拶をする時間になりました。そのときに前に出てきた親夫婦が真逆過ぎて笑えました。

新郎側の両親はリラックスしてにこやかに立っているのに対し、私の両親は不機嫌で何か晒し者にでもされているような顔で立っているのです。父母二人とも。

いや、やっぱり笑えません。私はとっても情けなくなりました。私が幼い頃怖れ、尊敬し、無くてはならない存在だった両親が前に立っているその姿を見て、私の幼い頃の日々がこの人たちによって作られたんだなと思うと。この人たちの遺伝子を私は受け継いでいるんだなと思うと。やっぱり普通の家に生まれたかったなと思ってしまいます。

公の場であのような態度になるなんて、実際どのような心境なのか知りたいものです。

スポンサーリンク