毒親にかかれば子供の行動など無言の圧力でコントロールできる

スポンサーリンク
毒親

一歩目が踏み出せなかった

対人関係で自分の行動をセーブしてしまっていた。

突発的に友達に遊びに誘われたとき、自分は行ってはいけないような気がした。

遊びに行くと世界が広がるが、自分はそれをしてはいけない気がした。

新しい友人になれる気がしなかった。

そんな私の幼少期の話です。

見えない壁があった

目の前にいる彼らは明らかに自分と違う世界に居ると感じた。

彼らは伸び伸びと自由な世界を探索している。

また、お互い気心が知れた仲間らしく双方向に気持ちのやり取りをしている。

 

母親から一方通行で気持ちを与えられるしかなかった私は、他人に対して母と同じように一方的に気持ちをぶつけるしかなかった。

対人関係が上手くいかない、そう感じ始めたのは小学3年生の頃だ。

私が思うように行動すると気付いた時には何故か既に嫌われている。

他人の気持ちを受け入れようとしなかったのが災いしたのだろう。

毒親の非言語コミュニケーションスキルは抜群

そんなわけで、母親のそばに居るのが一番安心だった。

母親にしか順応できない人間になっていたのだ。

こうなる仕組みは生まれた時から母親が隠れたメッセージを沢山発信していることにある。

・世間の人は信用できないから近づいていってはいけないよ。信用できるのは母だけだよ。

・私はあなたが居るせいで不自由で不幸せなんだから、私を幸せにする努力をしなさい

・あなたのためだったら何でもするからそれを倍返しにして感謝しなさい

・私を出し抜いて私よりいい思いをして幸せになることは罪だよ。罪には罰を与えるよ。

もちろん言葉になど出しはしない。

しかし、表情、声、タイミングなどから容易に読み取れる。

少なくとも母親の気持ちに敏感な子供だったらすぐに察するだろう。

遊びに行けない理由

あるときは遊びに誘われたとき目の前に母が居て、母にも行っていいよと言われたのに行けなかった。

まだ仲良くなかった彼らと新しく友達になれるか不安だった。

この人たちとも仲良くなれるだろうというビジョンが持てなかった。

それよりは、どうせこの人たちも私を受け入れてくれないだろうというビジョンで見ていた。

 

また、もし遊びに行って充実した時を過ごし帰ってきたとしても面倒くさいことになるだろう。

他人の幸せを野放しにしておけない母は根掘り葉掘り何があったか聞き出すだろう。

そして、私の喜びの心に土足で入って行き無理やり共有させられた後、「喜びの独り占めはよくないよ」と心にささやかれるのだ。

 

その後はその友人たちとの付き合いを完全管理下に置かれるだろう。

母の機嫌が悪ければ「もうあんな子達と遊ぶな」と言われるだろう。

構造的に健全な自分だけの秘密の領域が持てないことがわかっているので、新しいことを起こすには面倒なことばかりだ。

小学校低学年の時点で既にそういう感覚を持っていた。

そうして完全に一人の世界にこもっていった。

その後の人生まで影を落とす毒親の教育

小学生のときだったら付き合いが悪い奴だという程度で済んだ。

多少おかしな言動をしてもその場限りのことで終わった。

中学生以降は完全に自分の人格をもって友人に返事をすることになる。

小学生時代同様に、放課後の遊びに誘われたときも背を向けた。

相手は暇だからつきあってほしいと頼んでいるのに、何て勝手なことを言う奴だと思い無理だときっぱり断った。

内心は、友人として遊ぶと心がはりさけそうになり、自分がわからなくなりそうで嫌だった。

常に一定の状態で自意識を保っておくことが私の務めで、そこから逸脱すると何が起きるのかわからない気持ちでいっぱいだった。

そんな風に感じて断った結果、彼からはその後誘われないどころか嫌われるようになった。

遊びたいのに遊べない

私は遊びたいのに遊べないという矛盾した気持ちがある。

先述のように誘われたときに思い切って一緒に遊んで、自分の気持ちをどこまでも遠いところまで冒険させることが本当だったら必要だった。

 

願望としては遊びたいのに、それを妨げる要因がいっぱいだった。

結果、まともな遊び方ができなかった。

一人でこもったような遊び方をして、それを遊びだと認識して遊ぶのだが、いくら遊んでも他人が得ているような充足感を得られている気がしない。

そして、他人が羨ましく見えてくる。

自分も彼らのようになりたいと思うのだが、遊んでも遊んでも満ち足りず、いつまでも卒業できない。

そして、いい年をしても「遊びたい」が口癖の大人になる。

毒親の論理はどこまでも自分を追いかけてくる

この始まりは毒親の子として生まれてきたときです。

生まれ落ちたその瞬間から普通の人とは違う風に育つようにコントロールされています。

ある程度の年になって、それにはっきりと気付いてからもなかなか修正はできません。

 

毒親の子の思考能力しかないから、自然と毒親を否定するような項目は削除されています。

全てが毒親にとって都合がいい情報、思考しか頭に存在しないのです。

気付いたところから、少しずつ新しい色に塗り替えていくしかありません。

ですので、毒の思考から抜け出すのは膨大な時間がかかることになります。

 

自分のような体験は毒親もきっとしているはずですが、それでもなお自分を改善せずに年を重ねている親にはある意味同情します。

自分で幸せを得ようとせずに、子供に幸せにしてもらおうと考えていたからこそ、自分を改めることなく生きてきた親。

しかしその子供は毒親の魂胆に気付いて離れていこうとしているのですから。それは足を骨折している人が松葉杖を奪われるようなものです。

この事実自体が私に罪悪感を感じさせるように働きかけてきます。

 

自分は自由になってはいけないのではないか。

今さら親を見捨てるなんて人として間違っているなどという葛藤と戦うこともあります。

本当は見捨てるという認識自体おかしいのですが。

そう、見捨てるという認識は既に親の発想で、本来は自力で幸せを掴む努力をしない人を助ける義務などないのです。

子供時代は純真で、素直で、そして生命線を握られているからこそ何も疑問に思わずに親の考えを受け入れていただけです。

もうそういう時代ではないのだから、自分が大人になったときこそ見切りをつけるときです。

健全な人とアダルトチルドレンとの違いを感じた瞬間

 

岩月謙二司著 「家族のなかの孤独 ―対人関係のメカニズム―」

親の七がけ幸福論とはまさに毒親を言い得た言葉だと思います。子供が決して親より幸せにならないよう、親の七割程度の幸せに留めさせる。(子供が病気などで)七割を大きく下回ったら子供を助ける側に回る。

ここで親は子供のことを想っているアピールができるわけですね。子供に毒を与えつつ、それを悟られない工夫も怠らない。完全犯罪のような巧妙さです。岩月氏の著書は本当に毒親のメカニズムが正確に書かれています。

コメント