毒親は子供の語彙を育てず、発想を乏しくさせる

毒親は子供の語彙を育てず、発想を乏しくさせる

シェアする

子供のコントロールに夢中になるあまり発想が乏しくなる

毒親に育てられた子は語彙が少なくなります。そもそも、毒親自身も語彙が少ないです。それはなぜか、毒親が子供をコントロールするときは言葉を用いないからです。非言語コミュニケーションである表情や態度を用いて子供に親の考えを伝えるのです。

そんなことをするのはなぜか。それは考えていることが自己中心的で卑怯過ぎて、言葉にしてしまうと化けの皮が剥がれてしまうからです。そこを言葉にせずに態度では子供を想っているように装いながら、実際は子供を虐待し、搾取するわけです。

このようなコミュニケーションをとる家庭では、ある決まった言葉しか発されず、子供の語彙が増えていくことはありません。

「○○といえば□□」というわかりやすいお決まりの発想や、話に対する返し方、物事の決定の仕方まで一通りのものだけでこなしていきます。馬鹿の一つ覚えと言ってもよいぐらいに一つのことにこだわります。

価値あるものを指す形容詞は「いい」しか存在しない

例えば、私の親は食事に行くところは決まってとあるチェーン店でした。美味しいものを食べに行きたいならもっと色々選択肢があるだろうに、親にとってはそこがお気に入りなようで、食べに行くといえばその店でした。

一体親は何が良くてそこを選んでいるのか。理由は言葉ではほぼ存在しません。ただ一つ、「いい店だから。」です。「いい」から行くのです。

どの時点かでその店に魅力を感じたところで、思考がストップしているのです。毒親にとっては魅力を人に言葉で説明する必要はありません。自分がいいサービスを受けられればそこで完結するのです。

親と会話をしていると、「いい所」「いい物」「いい仕事」「いい人」「いいね」「よくないね」「いいなあ」など、会話にしょっちゅう同じ言葉が登場します。

これでは子供には具体的な特徴を指す言葉が身につくはずもありません。子供は自分の世界が広がらないので、世界に興味を持てず、無関心になっていきます。奥深いものを嫌い、本能的に理解できるものに飛びつくようになります。

仕事に関しても凝り固まった価値観

毒親はお金を大切にして生きているので、仕事もお金をたくさん稼げることを重視します。儲かる上に、名誉があり、さらに楽であれば最高です。

社会的意義や、やりがいには目もくれません。思考がストップしているから、そういうものには魅力を感じないのです。

誰もが羨むような仕事…例えば公務員などはそれに当てはまります。まず、世間で公務員が叩かれているのは嫉妬の裏返しです。一部の人からすれば楽してそれなりの収入を税金から得ているように見えるので、自分の惨めさを認めることが出来ずに叩くのです。

そういう嫉妬心を持つ最たる人種が毒親です。

毒親は公務員を批判しても、公務員を軽蔑しているわけではありません。ただ羨ましいだけです。だから、自分の子供にはしきりに公務員になることを勧めます。理由は「楽で、安定して、稼げる。」からです。真剣に頑張っている公務員の方に対して本当に失礼な考えです。

他にも、医師弁護士薬剤師など、高学歴で名誉がありお金が稼げる職業ばかり子供に勧めます。(学歴を重視する毒親の場合だけ)

これも理由はシンプルで、誰でもわかる「いい」条件が揃っているからです。本当に、もっと他の価値観はないのかと呆れ返るばかりです。

ちなみに子供をこれらの職業に就かせるのは、子供が幸せになることを願っているからではありません。親としては鼻高々で、お金に困った時に援助をしてもらえる財布のような役目になり、子供に幸せにしてもらえるからというだけのことです。

実際にもし子供が医者になって、長時間労働が続き体を壊し、仕事を辞めようとすると毒親は何と言うでしょうか。

真っ向から非難する親も居れば、言葉では子供の体をいたわるものの態度では絶対に仕事を辞めさせまいとする親もいるでしょう。いずれにしろ、子供の体調や心には関心を持たず、せっかく掴んだ成功を無駄にしないように何とかして続けさせようとします。

毒親に育てられた時点で人生の幅が狭まる

価値のあるものは世の中のごく一部だけで、他は全て無意味であるという価値観を持つ。価値があるものに対する評価も多くは語らずに、思い込みのように「いい」としか言わない。

このような親に育てられた場合は、会話が苦手な人間に育ち、たった一つのことだけをさも真実のように訴えるようになります。そしてそれを支える根拠は弱いので、説得力に欠けてまるで幼稚な主張をしているようにしか見えません。

私自身も同じ思考の流れが何度もループし、いつまでも成長できませんでした。他人と会話していても毎回同じようなノリに持ち込んで同じようなオチに持っていくので、ワンパターンで面白くないと言われました。「会話のバリエーションが少ない」とか、「物事を知らなさ過ぎる」とも言われました。

しかし一つのことに必死にしがみつくしか能がないような私が、他人を楽しませるようなユーモアに富んだ会話をすることは不可能でした。毒親に育てられた時点で、人生の幅が狭まるなんて、何と恐ろしいことでしょうか。

私はせめてこれからの人生でたくさんの経験をして、人間性を深めていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. ごんた より:

    語彙が少ないというのも、毒親の影響なのですね。結婚当初から主人に指摘されていました。

    確かに、私自身本が好きでよく読むのですが使う言葉は小学生並みの、すごい、いいね、やったーとかばかりなんですよね。(小学生以下ですね)

    そもそも、家で今日の出来事を聞いてもらうという経験がほぼありません。幼稚園児や小学生って母親に話したがると思うのですが、面倒臭そうにされるだけなので、かなり早い時期に話さなくなりました。専業主婦で家にずっと居るにもかかわらずです。まあ、話したところで全く覚えてもくれないうえに、母親の気に障ればとことん否定されるだけなのですが。

    家庭での会話練習が出来ていないのに、社会に出て上手に会話しろ何て無理な話ですね。

    語彙もそうなのですが、私は会話中無表情なのだそうです。これも、主人に指摘されるまで知りませんでした。本当に、家庭というのは人生に影響するなと恐ろしく思います。

    • silver より:

      家庭での会話練習がろくに出来ていなかったのは強く感じます。
      私の場合は家ではその日の出来事を何でも喋っていたのですが、報告のような感じで
      会話のキャッチボールにはなっていませんでした。
      だから事実を話すのは得意なのですがそこに自分の気持ちを込めるのが苦手で、便利な表現
      を一つ知ってしまうとそれに固執するようになってしまいます。

      社会では特にそうですね。
      もともと表現方法が乏しいのに、人との基本的信頼感の弱さによって思い切って話すことも
      できないので本当につまらない会話しかできない自分が嫌になります。

      無表情なのは知らず知らずの内に過去親に対してとっていた態度が出ているのかも知れませんね。
      私は苦しい立場になったときに泣きそうな顔をしていると言われます。
      自分では意識もしていないのですが、昔親に対してそういう顔をしていたのが残っているの
      かなと思っています。