子供は頑張りを認められないと逆の方向に動く 毒親はそれを許さない

子供は頑張りを認められないと逆の方向に動く 毒親はそれを許さない

シェアする

「賢い子供」を育てる親

子供をひたすら学業に精進させる親はそのことで頭がいっぱいなのでしょうか。子供の成績のみならず、そのことを近所の人にもアピールし、見栄をはることに意義があるようです。

子供の成績が良いだけでは不十分で、近所の人に知ってもらうところまでがセットなのでしょう。そうでないと、賢い子供を育てている親アピールができないですからね。

評価がよくても面白みのない成績表

小学生のときの話になりますが、私が通っている小学校の成績評価はよくできる、できる、もう少しがんばろうの3段階でつけられていました。

勉強面では「よくできる」がつくのが当たり前で、「できる」がつくことすら少なかったです。そもそも小学校の成績評価は甘く、普通に学校の授業を受けていればそうそうひどい評価はつかないものです。増してや親から勉強させられたり、塾に通っていたりしたら学校の勉強など何の問題も無いものです。

塾に入る前からも毎日勉強をさせられていた私は、つけかたの甘い学校の成績に何の面白みも感じず、価値の無いようなものに感じていました。

そこで私はあることを親に言いました。

逆のことを言って注目を浴びたかった

小学3年生の頃、終業式が終わって家に成績評価が書かれている通知表を持って帰ったとき、母は外でお隣の人と話していました。成績はいつも通り、「よくできる」がほとんどでした。しかし通知表を家で見せたところで特に褒められないことがわかっていた私は、面白みを求めて、逆のことを話しました。

「成績、本当に悪かったよ。ごめんなさい、今までで一番悪いよ。」などと何度も繰り返しました。

母は「はいはい、家で見るよ。」とその場ではにこやかに答え、しばらくお隣さんと話していました。家で通知表を見たとき、私の報告と違う内容を目にした母は開口一番こう言いました。

「成績いいじゃないの!外で自分はできない子だなんて言ってると近所からアホの子と思われてしまうだろ。嘘をつくな!私に恥ずかしい思いをさせるな!」

その顔は鬼の形相でした。

ちょっといたずらをして面白がらせてやろうという気持ちだった私はびっくりしてしまい、今でもこのことはよく覚えています。

大体親もそんなに重視していないような通知表で、内容もほぼ予想がついているだろうと思う中で私はエイプリルフールのような感覚で冗談を言ったのであり、嘘をついた感覚ではありませんでした。この勉強に関して息苦しい家庭に、笑いをもたらしたかっただけでした。しかし、毒親にとってはその程度のことも許せなかったということでしょう。

余談ですが、私は勉強面の評価はよくても生活面の評価はさんさんたるものでした。協調性や、日常行動の項目では3段階の中で一番下の評価も多くありました。私はなぜこういう評価になるのだろうと、疑問に思っていました。

しかし、母にとっては勉強さえできれば他はどうでもいいようで、そのことは問題にしませんでした。今の私からしたら、生活面の方をしつけてほしかったと思います。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク