居なくなった母を必死で探していたら何食わぬ顔で帰ってきた

居なくなった母を必死で探していたら何食わぬ顔で帰ってきた

シェアする

予想外の出来事にうろたえる私

私と妹がまだ幼いとき、母は片時も私達から離れませんでした。母は少しでも目を離すと心配だと言っていましたし、過保護で心配性な性格上私達を置いてどこかに行くことはできなかったでしょう。

しかし私が小学二年生のとき、母は私達に何も言わずに急に家から居なくなりました。昼の二時ごろのことです。普段は絶対ないような出来事だったので私は凄く怖くなりました。母はどこに行ったのだろう、行方不明になったのだろうか、私達を捨ててどこかへ行ってしまったのだろうか。考えれば考えるほど不安になり、寂しく、悲しい気持ちになりましたがどうすることもできませんでした。私はもう泣きたい気持ちでした。

妹も家に居たので妹に相談し、私達は母を捜しに外に出ることにしました。しかし外に出たはいいものの、どこを探せばいいかわかりません。うろうろと知っている道を歩き、一キロくらい離れた駅まで行きました。そして全く居る場所の見当がつかなかったので、すぐに家へ帰りました。

しれっと帰ってきた母

もう捜すのを諦めて待つしかない、そう思って一時間ほど待ちました。すると四時ごろ、母はスーパーのビニール袋の音をさせながら帰ってきたのです。

私は心の底からほっとして、「どこに行ってたの?すごく心配して探したよ。」と言いました。すると母は、「え、そうなの?ただ買い物に行ってただけよ。」とそっけなく返事したのです。

私は母が帰ってきてくれたからそのときはそれでよかったのですが、心の底ではなぜ出る前に声をかけてくれなかったのか、やむを得ない事情があるのなら謝ってくれてもいいじゃないかと思いました。

思い出せば思い出すほどおかしい出来事だった

心の底に引っかかる違和感。普段は最大限私達に目配せする母がこの日は声もかけずに外に出て行き、長時間外で過ごした後に何でも無いふうに帰ってきた。

理由が子育てに疲れてたまには一人になりたかった、とかならまだいいです。

でももしかすると、私に寂しい思いをさせて心配させようとしたのではないか。あるいは私を怒らせて心の中で母に執着させ、その怒りの気持ちを罪と定めて私を罰したのではないか。

現実、私の心には寂しさ、悲しさ、怒り、疑念、安堵などあらゆる気持ちがうずまきました。いずれにせよ、私の心を奪ってコントロールするには十分な出来事だったのです。

これだけの出来事を起こしておいて、そ知らぬ顔で日常に戻ろうとするのはあまりに思慮が浅いとしか言いようがありません。そんなことが日常だったのなら、私の気持ちは常に無視されっぱなしだったということになります。心配性な母は私の心の心配は何一つしなかったということがよく伺えます。

スポンサーリンク