子供に尊敬されない父の特徴は?子供に厳しく自分に甘い

スポンサーリンク
毒親

スパルタ教育の父

毒親と言えば私にとっては母のイメージが強いですが、実は父親もなかなか強い毒を持っています。

特に私がギャンブル依存症になったのは間違いなく父の影響です。

父の性格についてもそうですが、その教育方法にも原因があると思えます。

私がギャンブル依存症になっていき破滅するまでの過程(長文です)

父は私が幼い頃から私に勉強をさせ、できなければ声を上げて怒りました。

幼稚園に入る前にアナログ時計の見方がわからないからって怒るんですよ。

初めて見る時計を少し説明されたからってわかるわけはないでしょうに。

他には、幼稚園で九九を言ったりしていました。

こうして私は必死に勉強をするくせがついていきました。

 

自分が周りより勉強ができることに優越感は感じていましたが、あまり父から褒められることはありませんでした。

勉強をすることは疲れ、ストレスを感じますが、確かに人に対して優位に立てます。

そのことに対する満足感はあるものの、感情面での心が満たされないために欲求不満を感じることになりました。

ですので、抑圧された感情があり、どこかでそれを吐き出さなければならない状況になっていたと思います。

(自分は偉いからもっと認められてもいいはずだ。もっと頑張り、もっと活躍するぞ。しかし、何か疲れるな…。何か楽しいことないかな。)

小学校低学年の時点でこういう気持ちを持っていました。

塾通いでスパルタ教育ぶりがさらに加速

父親は徹底して勉強には厳しい人でした。

私が塾通いを始めると、毎週の日曜テストの順位を棒グラフにして、その紙を壁に貼っていました。

まるで営業マンの成績グラフのようです。

 

そのテストは3000人くらい受けるテストで、上位数百人のみ名前と点数と順位が塾に張り出されるものでした。

点数が良いと父親の機嫌がよく、悪いと私は厳しく叱責されました。

悪かったときの次の回は良い点が取れるか不安でたまりませんでした。

良い結果のときでもただ父親の機嫌が良いだけで、特に私自身の何かが認められるわけではありませんでした。

父親を喜ばせるために勉強していたようなものです。

教育熱心な面とのギャップ

そんな父でしたが、父自身はパチンコが大好きでした。

深夜はテレビのパチンコ番組を見ていましたし、家にはパチンコの景品のお菓子が大量に置いてありました。

また、平日は二度寝、三度寝をするのに休みの日曜日のときだけやけに早起きでした。

そして、10時ごろにいそいそと外に出かけていました。

それがパチンコ屋に行くためだと知ったのは後のことです。

私もパチンコに行く前日は興奮で一睡もできないことがよくありましたから、父も同じような感じだったのだと思います。

 

勉強は何のためにするのか?それは学歴をつけるためでした。

でも、パチンコ依存症の人が子供には勉強を無理強いするのはおかしいでしょう?

私は学ぶことの心地よさや、楽しさを知ることのないまま、得点マシーンのようになっていきました。

そして、ギャンブルへのはしりとなるゲームセンター通いなどが始まりました。

逆らうことを許さない父

私の母が自由を許さない毒親だったとすると、父は反抗を許さない毒親でした。

子は親に従うものだという昭和(もっと前?)の価値観で、その世界観を一言で言うと丁稚奉公のような感じです。

親の意見に対して子供が対等に意見を述べることなど決して許されませんでした。

口癖は「親に逆らうのか?」でした。

 

当時はそれが普通の親だと思っていましたが、とんでもない。私は学習塾で子供や保護者を相手にしていますが、そのような親に出会うことは稀です。

当然家庭内の様子はわかりませんが、言葉の端々から子供のことをどう思っているのかはわかるものです。親の意思を押し付けず、子供の気持ちを尊重する親がほとんどです。

私の父は…私が気持ちを考えてくれなどと言うと、苦笑して「何を甘ったれたことを言う」と言うぐらい、気持ちなどは無視する人でした。

厳格さとパワーで家庭をまとめるところは良かったのですが、そこに魅力が欠けていました。

将来父親みたいな大人になりたいかと聞かれれば、答えはNOでした。

遊び心やユーモアはあるのですが、それ以上に人間としての心が狭く、威圧的な態度で接してこられました。

私が自分のことで悩みを抱えていても、相談に乗ってくれるばかりか、悩み心配していること自体に怒ってきました。

「何をいちいち心配してるんだ!」というようにです。これでは私の気持ちのやり場がありません。

持ち前のモラルの無さで私の心を侵食した父

また、随分人間的にけなされました。

事実に基づいて改善を促すのでなく、ただ馬鹿にするのです。

私が高校生の時に私を撮影した体育祭の写真を見て、笑いながら「間抜け面しとるな」と言ってみせたり、すっきり短く切った髪の毛を見て何かに例えて笑いものにしたり。

とにかくモラルがないのです。

仮にそのように馬鹿にされたときに、苦言を呈するとどうなるか。

悪気がないつもりなのでしょうか、「何をムキになって怒ってるんだ。こっちはそんなつもりで言ってるんじゃない。反抗するな。」と返ってきます。

それでも食い下がると、「何を言う!」と怒鳴り、喧嘩一歩手前の状態に持っていかれるので私は引き下がるしかありませんでした。

今こうして書いていても腹が立ってくるのですが、私には人権は無かったのでしょうか。

人として嫌なこと、やめてもらいたいこと、それらを言っても聞き入れてもらえず、正しいことのように押し通されるのが常でした。

本当に、モラルの無さは一級品です。

大震災が起こって新聞が日々死者数を報じているのを見て、(死者数が)○○人になった!などと盛り上がるような人ですから。

大人になって振り返ると、かなりあり得ないと思います。

パワハラモラハラ父を倒した日

コメント