ギャンブル依存症

株、FX、ビットコインなどの投資をやめたい方へ【ギャンブル依存】

更新日:

一時期持てはやされたビットコインもすぐに値崩れし、乱高下を繰り返して安易に手をつけられる状態ではなくなりました。

仮想通貨が流行っていたときは「まだやってないの?」という感じで煽ってビットコインを宣伝する人がそこかしこにいましたが、彼らはどこに行ってしまったのでしょうね?

結局はビットコインもバブルのときだけ旨味があっただけで、そんなものはずっと続くものではなかったということです。

 

ビットコインが広まる前には日経平均が上昇し続けている時期があって、長期保有している人は大きく儲けていました。

ヤフーのファイナンススタジアムを覗いてみるとFXで豪快に儲けている人がたくさんいます。

反面シャレにならないくらい大損している人もいます。

 

これらの投資(投機)は、インターネットで行えるために素人でも簡単に参加できます。

ですが、私は過去に投資を行った経験から、素人が少ない資金を握りしめて市場に参加するのはデメリットのほうが大きいと感じています。

もしあなたが勝てないのに、あるいは苦しいのに投資をやめられないのでしたらこの記事を読んでほしいと思います。

どれだけ投資が割に合わない行為であるかをお話し致します。

 

ネット上で投資について書いている記事は、甘い言葉で投資の魅力を伝えるものが多いです。

それは、投資を宣伝する人が書いている記事なので当然そうなります。

私は投資を宣伝する人ではないですから、あまり語られない真実も書いていきますよ!

 

※この記事における投資とは、ハイレバレッジで行うリスクを伴った取引のことを指します

投資で家を傾けるギャンブル依存症

生活を豊かにしようとした結果、家計が傾いてしまうのでは元も子もありません。

1.投資はギャンブルとしては楽しくない

本来、投資はギャンブルではありません。

投資とは将来伸びが見込めるものに資金を投入することであり、完全に運否天賦なギャンブルとは異なるからです。

しかし、投資をやめたいのにやめられない人はギャンブルと同じように投資を捉えています。

お金が増えるかも知れないというドキドキ感から抜け出せなくなっています。

そういう意味で、投資がやめられない人もギャンブル依存症だと言えるでしょう。

 

ギャンブルはそれ自体がゲーム的で面白いのが普通です。

パチンコ、スロット、競馬、競輪、競艇などは、お金を使わなかったとしてもいくらかは楽しむことができますよね。

それがFXなど投資の場合は、数字がピコピコと目まぐるしく動くだけで数字マニアでもない限りは何も面白くありません。

それがそこにお金を絡めることによって、感情が揺さぶられ、目が離せないものになるんですよ。

試しに投資のデモトレード(お金を使わずに投資を体験できるサービス)をやってみてください。

いくらお金が増減しようが何の感情もわきませんから。

 

ギャンブルはゲーム性があり遊びの側面もありますが、投資は完全にお金だけの世界です。

その世界でただひたすら数字の上下を見ているだなんて、正気の沙汰ではありませんよ。

目が離せないのは、楽しいからではなくて不安だからでしょう?

トレードの過程に楽しさはあっても、相場そのものの本質は無慈悲な数字の変動ですから、本来それに向き合うことは楽しいことではないのですよ。

 

しるばー
しるばー

お金が増えたら嬉しい、減ったら悲しい。それだけのこと!

 

2.ギャンブラーは負けるまで取引する

かつてFXの世界に短期間で10万円を4億円にした(含み益を入れると一時6億円)男がいましたが、彼も結局は全部を失うこととなりました。

4億円も手にすると「もう十分だ」と思ってもよいと思うのですが、際限なく上へ上へと目指してしまうのがギャンブラーの習性です。

ギャンブラーは賭けること自体に執着しているので、いくら儲けてもお腹いっぱいにはならないのです。

そして最後には全てを失います。

ちょうどよいところでやめられないのならば、最初からやらないほうがよいでしょう。

破産者マップが炎上、閉鎖されましたね

3.一日をトレードに支配される

夜眠れなくなる

株式は日中のみの取引ですが、FXは平日であれば一日中取引できます。

これ、ギャンブル依存症の人にとっては目の前で悪魔に誘惑されているのと変わりありません。

アルコール依存症の人の目の前に酒が常時置かれているのと一緒です。

結果、夜も取引してしまい眠れなくなります。

そう思うとパチンコ屋が夜は閉店してくれるのが良心的に思えてきますよ。

 

トレード中はスマホやパソコンを閉じていても頭から離れない

FXなどの投資はスキャルピングのような短期取引でもない限り、ある程度の時間ポジションを保有することが普通です。

ほとんど外貨両替に近いような低レバレッジの取引なら放置できるでしょうが、ハイレバレッジなら話は別です。

目を離したすきに大変動(大暴落、大暴騰)が起こって資産が一瞬にして無くなってしまう可能性もあるのですから、気が気でなくなってしまいます。

とてもではないですが、トレードから頭を離すことはできないでしょう。

結果、仕事や学業に集中できなくなってしまいます。

生活を豊かにするためにトレードをするのに、トレードのために生活が不自由になるのでは本末転倒ですね。

 

結果健康を害する

寝不足やストレスは確実にあなたの身体をむしばんでいきます。

無理をして投資をしているとそのときは平気でも近い内にツケがまわってきますよ。

身体症状が出るのは無理を続けてしばらくたってからです。

特に睡眠不足による健康被害は深刻です。

体のどこかにガタがきて、不調が慢性化することでしょう。

ショートスリーパーが時間を有効活用していると豪語するのも私には信じがたいのですが、それは寿命と引き換えに時間を使っているようなものです。

 

ハイレバレッジはハイリスク

ハイレバレッジでの取引は少ない資金で大きな取引ができるのが特徴ですが、これがそのままあなたにとって大きな心理的負荷になります。

例えば現物(レバレッジ1倍)で取引する人が1億円分をFXに投入したとします。(これは実質外貨預金と同じですね)

でも20倍のレバレッジかけると500万円をFXに投入するだけで同じ1億円の取引ができるのですよ。

 

ここで考えてみてください。

100万円の損失が出る場合、同じ100万円でも前者は1億円のうちの100万円です。

対して、後者は500万円のうちの100万円ですよ?

持ち金に対する損失の比率は前者は1%なのに対し、後者は20%です。

精神的なストレスにどれ程の違いがあるか、言うまでもありませんね!

ハイレバレッジは、ハイリスクなのです。

 

トレードは冷静な状態でないと行うことができません。

そう、メンタルの管理も重要なことなのです。

ハイレバレッジでトレード人は資金が少ないからハイレバレッジにならざるを得ないのですが、資金がショートしそうになっても冷静でいられる人はそうはいないはずです。

恐怖や焦りを感じて、判断力が狂うことでしょう。

あなたは損切りができなかったり、無謀なトレードに出て損失を広げてしまった経験がありませんか?

それは相場の動きに心を握られてしまっているからそうなるのです。

 

お金持ちが1億円に20倍のレバレッジをかけ、20億円の取引をすると思いますか?

否、もっと安全な道を探すことでしょう。

元手が1億円もあれば1%増やすだけで100万円の利益ですから、複利で増やしていけば凄い金額になります。

お金持ちはそれだけで元から有利なのです。

そう、投資は貧乏人が手を出すものではないのですよ。

資本主義にならって、お金のあるものが強いのが相場の世界です。

お金がない人はある意味皆に平等にチャンスが与えられる一般的なギャンブルをしていたほうがまだマシです。

 

ハイレバレッジ全力の落とし穴

500万円を投資で最大レバレッジで運用して、仮に500万円から400万円に減ったとします。

100万円減ったわけですから、500万円に対して2割減です。

ですが、残った400万円を同じレバレッジで運用して2割取り戻しても480万円にしかならないのですよ!

400万円の2割は80万円ですからね。

同じ労力をかけて取り戻したつもりでも、金額は減っているのです。

 

そう、投資は毎回同じ金額を投入できなければ先細りになっていくのです。

100万円損失を出した場合、その分入金をしなければ前回と同じ条件で取引できないのですね。

こういうのも、実際に体験してみて初めてわかった方もいるのではないでしょうか?

 

逆に利益が出た場合はどうか。

500万円の状態から2割増やして600万円にしたとします。

この600万円を最大レバレッジで投入して2割減らした場合、600万円の2割は120万円ですので残りは480万円になってしまうのです。

利益が出た分をそのまま飛ばしたつもりが、実際はそれ以上に証拠金が減っているのですよ。

利益が出ているからと言って、調子に乗るとすぐにマイナスになってしまう訳です。

 

これに加えて手数料(スプレッド)がかかってくることをお忘れなく!

AI取引という強敵

今の時代、個人トレーダーのライバルは人間だけではありません。

コンピュータ制御されたAIが自動取引をしているのです。

計算しつくされたAIの取引は一個人がどう抗っても勝てないと考えた方がよいでしょう。

既に勝つためのかつての手法が通じなくなった現在、個人トレーダーは何を頼りに取引をするのでしょうか。

こんな状況でも利益を出せる人は存在するみたいですが、普通の人がそんなことの研究に時間を費やすのは無駄だと言えるのではないでしょうか。

まとめ

投資を行っている最中に感じたりはするけれど、なかなか日常的に意識できない投資のマイナスな側面について述べてみました。

投資は時には苦痛しかない上に損失まで出してしまうという、踏んだり蹴ったりの結果になったりします。

これだけのマイナスな事柄が出揃うと私は投資をしないでおこうと思えるのですがあなたはいかがでしょうか?

 

一攫千金の幻想が通用しないのは、他の世界同様、投資の世界もそうだと思います。

株式のようにある会社に期待してお金を託すのはまだしも、FXやビットコインのようにひたすら値動きだけを追うのは日常生活を送るものとしては少し厳しい気がしますね。

そしてその結果についても夢があるとも思えません。

500万円が600万円になる喜びより、400万円に減る悲しみの方が大きいでしょう?

 

だから投資は全ての可能性を織り込んで機械的に行えるのならばしたらいいと思いますが、大事なお金を握りしめて一縷の望みに託するようなことはやめたほうがいいです。

もしあなたが薄々そういったことに感づきながらも投資がやめられなかったのなら、ここで目を覚まして残ったお金を大事にするべきだと思います。

それでも全て失ってから気付くよりはマシですよ!

ギャンブルに費やすお金と時間は無駄! 衝撃の数字が!さらに…

-ギャンブル依存症

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2019 All Rights Reserved.