ワタクシゴト

新元号の令和の意味、由来は? 漢字、ローマ字の書き方はどうなの?

更新日:

2019年4月1日、新元号が令和だと発表されました。

思えば、天皇陛下が退位されることが決まってから新元号が公表されるまであっという間だった気がします。

発表された現在は4月初頭ですが、一月後の5月にはもう新元号の令和の時代がスタートするというのですから物事の進展は早いものです。

令和の意味、由来

 

令和の意味:
人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。
梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように。(Yahoo検索より)

令和の元ネタは万葉集の歌です。

「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」

出典: Wikipedia ※「万葉集」の三十二首、「梅花(うめのはな)の歌」より引用

 

令月とは何をするにもよい月、めでたい月を意味するそうです。

令という字は普段はほぼ命令の「令」として使いますが、そういう意味もあるんですね。

これまでの日本の元号は全て中国の書物を由来としていると言われています。
ですから、今回の令和は史上初の国書を由来とする元号ということになります。
しかし、万葉集以前からある、中国の詩文集「文選」に似たような一節があることから、万葉集の歌もそもそも中国に源流があるのではという説が出ています。


和という字は昭和という元号で最近まで使われていたため、違和感を感じません。

和風の和でもあり、日本人には馴染み深いですね。

言葉の響きも美しく、私はいい元号なのではないかと思います。

時代が平成に移ったときは私はまだ小さかったため、何も感じませんでした。

でも今回平成の時代が終わるということで、普段ニュースに興味を示さない私でも何日も前からどんな元号になるのか気がかりでした。

令和の時代がいい時代になるように頑張っていきたいですね。

耳慣れない「令和」も一部では使われている

新元号は耳慣れない言葉であるために、戸惑いの言葉も多く聞かれます。

中には、新元号である令和と同じ名前の人がいるということでニュースになったりしています。

憲法学者の川岸令和(のりかず)氏もそうですが、流石にこういった職業の人が全く同じ名前だったら、何か関係があるのか疑ってしまうのも仕方ない気もします。

中国では、令和という名前が既に商標登録されていたそうです。

典拠がある名前である以上、多少かぶってしまうのは仕方のないことなのかも知れませんね。

 

 

元号が令和になることで感じる疑問

ローマ字での書き方は、どうなの?

「REIWA」です。

世界各国にこの綴りでお知らせをするそうです。

そもそも、ラ行で始まる言葉をローマ字で書くときはRで始めるのが普通ですよね。

それにならった形になります。

ローマ字にすると、何だか平和をイメージさせますね。

令の字の漢字での書き方は?どれでもいい?

令という字は、普段は冷の字の右側と同じように、カタカナのマを中に書いている方がほとんどではないでしょうか?

令和の令も、この書き方でいいとのことです。

文化庁が定める常用漢字表で、色々な書き方がある漢字に「令」も含まれています。

つまり、色んな書き方があるけど、どの書き方でもいいよ!ということです。

パソコンで打った字のような、令の字を書かなければならないわけではありません。

新元号の他の案はどうか

ちなみに他の元号の候補だったものはどうか。

新元号の候補は令和も入れて6案ありました。

令和以外は、「英弘(えいこう)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」「久化(きゅうか)」です。

どうでしょうか?

私はどれもしっくりきません。

使い出したら慣れるのか?

いや、そういう問題じゃないはず、だって令和はしっくりきますから。

何より、広至って、知っている人に広至(ひろし)って人がいるんですよ。

そりゃあ、広至さんはドヤ顔できるかもしれませんが、これからずっと使う元号がそんな名前だとうーん…ってなるじゃないですか。

だから、令和になって本当によかったと思います。

 

令和のスタートは2019年5月1日です。

それでは、新時代の到来を心待ちにしましょう!!

-ワタクシゴト

Copyright© メンタルチア~Mental cheer~ , 2019 All Rights Reserved.